引越し業者の相見積もりがバレてしまった!これっていけないことなの?

引越しは買い物でないにせよ、まとまったお金が出ていく一大イベント!
引越し先で新しい家具や家電を買い足すことを考えると、引越し代は安く抑えたいですよね。

そこで出てくる疑問が、業者同士の料金を比べる「相見積もり」をしていいかどうか。
失礼な気がして気が引ける人も多いと聞きますが、実際のところ、行っても良いものなのでしょうか?

「相見積もり」をするメリットやマナーと合わせて見ていきましょう。

業者の人も承知の上!安心して「相見積もり」をしよう!

「知り合いに引越し業者がいて、付き合いで使わなきゃ」なんていう場合を除けば、バレたらどうしようなどと悩まなくても大丈夫です。

安心して「相見積もり」を行いましょう。

なぜ言いきれるのかというと、引越しの一括見積もりサイトなどのサービスが公に提供されているから。

また、訪問見積もりの交渉のカードとして、業者の営業マンも「相見積もり」を活用してくるからです。

例えば、さまざまな引越し業者と提携し、今住んでいるところと引越し先の住所、予定日と人数などの大まかな項目を設定するだけで、見積もりを出してくれる一括見積もりサイトがあります。

詳細設定で家具の数も入力すれば、より正確な金額を比較することができます。

利用するサービスによって見積もりの出し方に違いがあり、そのHP上に料金が表示されるだけのものもあれば、業者から訪問見積もりの日取りを決めるための電話がかかってくるものもあります。

まずはこういったサービスを利用して、料金の相場や安い業者を把握しておきましょう。

ある程度値切られるのは前提?「相見積もり」をするべき理由

「相見積もり」がバレても全く問題がないことは、分かりましたか?

では次に、「相見積もり」をすることでどんなメリットがあるのかを見ていきましょう。

メリット1.高確率で安くなる!

例えば電気屋さんなどでもそうですが、表示されている値段を見てそのままレジに持っていくと高い値段のままですが、店員さんに一言かけると値引きをしてくれることがあります。

引越し業者で見積もりをとる場合でも同じです。

「引越しをするのでいくらか教えてください」というよりは、「まずは見積もりだけ出してください」と一度検討する姿勢を見せましょう。

即決せずに「相見積もり」をする可能性を提示することで、見積金額が安くなる可能性があります。

また、訪問見積もりの際に、他社の見積もり状況を聞いてくる場合もあります。

そうした場合、「即決してくれるなら、他社の見積もりより安くしますよ」などの提案をしてくる可能性もあります。

メリット2.業者が裏技を教えてくれる!

基本の料金はトラックの大きさごとに設定されています。

例えば、依頼した荷物の量に対してトラックの大きさがギリギリ足りないという場合、荷物をすべて運びきるには、ワンランク上のトラックを頼むことになります。

そうすると、トラックの料金のために、金額が跳ね上がります。

何もしなくてもこの人はうちでやってくれると安心している場合、業者は本当に何も言わずに、大きなサイズのトラックのままで契約を進めてしまいます。

しかし、競争相手がいる場合は、そっちにお客様をとられたくないので、何とか値段を下げる方法を考えて進めてくれます。

トラックの大きさが問題である場合、「自転車か棚のどちらか一つ降ろせばワンランク下の大きさでいけるので安くできますよ」などと提案してくれます。

この場合、はみ出た荷物だけ自分で運ぶようにすると、かなりの節約になります。

さらに、引越し業者はできるだけトラックを動かしておきたいので、業者側で仕事が取れていない日や、空いている時間帯などであれば、「安くしてでも仕事がほしい!」という場合もあります。

そういったチャンスを逃さないために、余裕をもった日程調整をしておく必要があります。

メリット3.オプションを選択できる

引越しサービスにはオプションが存在します。

業者にもよりますが、パソコンを梱包してくれるサービスや、荷造り、荷解きを手伝ってくれるサービスなどがこれにあたります。

言われるがまま契約してしまうと、要らないオプションまでついてくる場合があります。

しかし、「相見積もり」をしている場合、値段での勝負になるので、「荷造りや荷解きを全部自分でやるパックにすればもっと安くできますよ」などと、言われなければ気付かないオプションサービスを教えてくれることもあります。

スムーズに業者を選ぶために!「相見積もり」に必要なマナー

いくら「相見積もり」が業者に承知の上といっても、最低限必要なマナーもあります。確認しておきましょう。

マナー1.丁寧に応対するのが吉

どんな場合でもそうですが、見積もりをとってもらう時に、業者からの印象が良い方が率先して値引きをしてくれます。

嫌な相手より、好きな人に良くしてあげたいのは、どの業界でも共通です。

業者が見積もりに来たら、遠いところまでありがとうございますと労って、お茶も出して話しやすい雰囲気を出しましょう。

マナー2.ダブルブッキングに注意!

業者が「相見積もり」をしていることを知っていた場合でも、同じ時間帯に複数の業者の訪問見積もりをお願いしたり、行き帰りに鉢合わせしそうなほどタイトなスケジュールでアポイントをとったりするのは、絶対に避けましょう。

業者同士が気まずい思いをするのはもちろん、こちら側の印象も悪くなり、見積もり価格や作業の質に影響してしまう可能性があります。

良い「相見積もり」の結果を出すポイント

以下のポイントに気を付けて、「相見積もり」でより良い引越し業者を選びましょう!

ポイント1.見積もり前の下調べもきちんと。時には思い切りも大切!

「相見積もり」は価格を安く引越しを行うためには行った方がよい作業ですが、ときには1社目で決めてしまう思い切りも大切です。

閑散期に思い切りのいいベテランの営業マンに当たると、いきなり最安値をたたき出してくれる時があります。

理由は、その日にまだ一件も決まってないとか、他の引越しの帰りに運ぶことができるからなどさまざまですが、タイミングを外すと絶対に出せない値段です。

こんな時は思い切って、即決しましょう。

このためには、ある程度の相場を知り、即決できる予算を決めておく必要があります。見積もりの前の下調べもしっかりと行っておきましょう。

ポイント2.部屋の片づけをしておく。荷物の量は目分量!

訪問見積もりを頼む場合は、ある程度ものをまとめておいて、どの程度荷物があるのかを把握しやすいようにしておきましょう。

業者の見積もりは、目分量で行います。あまりに不要なものが多かったり、散らかったりしていると正確な見積もりができず、金額の交渉にも影響があります。

引越し準備を兼ねて、要らないものは事前に処分しておくのも良いでしょう。

ポイント3.大型家具は解体可能か確認を

ベッドや棚などの大型家具は解体可能かどうか、どこまで解体できるのかを事前に把握しておきましょう。

解体しても部品が大きすぎる場合は、窓を外してベランダからの搬出、搬入になる場合があります。

クレーンの要、不要など、価格に大きく関わる情報ですので、その場になって慌てて確認するよりは、事前に調べておいた方がスマートです。

引越しをする際は、安さもそうですが、どのようなサービスがついてくるのかにも着目して業者選びをしましょう。

お金を払ってでも付けた方がよかったな、と思う場合もあります。

「相見積もり」のメリットを上手に活かしながら、金銭的にも内容的にも充実した引越しにしたいですね!