一人暮らしのベランダって本当に必要?

当たり前ですが、同じグレードの物件でもベランダがある物件とない物件では家賃が違ってきます。その差はさまざまですが、月々の家賃差は少額でも年間で考えると大きな差になってきます。

一人暮らしの場合、ベランダって本当に必要なんでしょうか?

まずはベランダ基礎知識

自分の借りた部屋なんだから当然ベランダ部分も自分が好き勝手に使えると思うかもしれませんが、実はちょっと違います。ベランダは「共有部分」であり、あなたはその共有部分の「専有使用権」を持っているだけです。

もっとも、共有だから大家さんが勝手にベランダに入ってきていいものではありませんから、そこは安心して大丈夫です。

ベランダって何に使うの?

ベランダの使い道で最初に思いつくのは洗濯物や布団干しでしょう。やっぱり天日で干した服やふわっとした布団は気持ちがいいですからね。

次に多いのが部屋には置けない時のちょっとした物置です。たとえば、湿っているスキーブーツを乾かしたいとか、収集日まで生ごみを置いておきたいという時にベランダは大活躍します。ガーデニングが好きな人なら当然そこで植物を育てることは考えます。

人気の物件で、ルーフバルコニーといって階下の屋根部分を広い屋外スペースにしている場合などは、テーブルとチェアを置いてリラックススペースにしたり、バーベキューを楽しみたいなんていう人もいるでしょう。

こうやってあげていくと、やっぱりベランダは絶対に必要!と思うかもしれませんが、果たして本当にそうでしょうか?

あっても使えないならないのと一緒

ベランダがあれば便利という話をしてきましたが、中にはこういうことがまったくできないベランダもあります。

入居前にチェックしよう

ベランダの使い方は入居前に契約書で制限されている場合があります。当然入居前には契約書を読み、納得して署名捺印して入居しているわけですから、それに違反するようなことがあってはいけません。

洗濯物や布団が干せない

美観を損ねるという理由で洗濯物や布団を干すことを禁じている物件は多いです。乾燥機能付きの浴室や乾燥機スペースがあるような部屋は、念のため借りる前に不動産屋さんにチェックしましょう。特に高層マンションや分譲賃貸の物件は規約が厳しいことが多いです。

また、一人暮らしの女性の場合には防犯面からベランダに洗濯物を干すことを最近では推奨されていません。昔は「男もののパンツを干しておけ」なんて言ってましたが、そんな手垢のついた技、犯罪者はとっくにお見通しです。

いつも同じようなパンツが干してあれば「ああ、カモフラージュだな」と逆に一人暮らしがばれます。

ガーデニングができない

ベランダが隣家とつながっている造りの場合、水や泥が隣家に流れ込む可能性があり、大きなトラブルの原因になります。また、ベランダは日照が悪いことが意外に多いのです。真南に向いているベランダは太陽が真上に来るので特に夏は日が入りません。

前部分がコンクリートになっていればなおさらです。日照が悪いベランダのガーデンニングは虫や病気が出やすく技術が必要です。

バーベキューは諦めたほうが無難

多くのベランダは火気禁止です。一戸建ての自宅ならともかく、バーベキューは臭いや煙の問題もあるので、諦めたほうが無難です。

そもそも何も置けない

小規模なアパートや大家さんが管理にうるさい物件では、そもそもベランダに何も置いてはいけないという規約がある場合もあります。こうなるとどれだけ広いルーフバルコニーがあっても宝の持ち腐れです。

こんなベランダならないほうがいいかも

使えないだけでなく、防犯上の理由から逆にないほうがいいようなベランダもあります。ベランダは不審者の絶好の侵入経路だということを覚えておきましょう。

前側がコンクリートになっている

侵入者にとって前側がコンクリートになっているベランダほど都合のいいものはありません。「コンクリートのほうが目隠しになっていいじゃない」と思うかもしれませんが、それは侵入者にとっても同じこと。しゃがんでコンクリート部分に隠れて悠々と窓ガラスを割ることができますからね。

隣とつながっている

ベランダが独立しているのではなく、隣のベランダと防火壁一枚で隔てられているような場合、ベランダ伝いに侵入されてしまいます。

避難路の役割を果たしていない

ベランダの重要な役割は、いざという時の避難路です。きちんと管理されているマンションなら、年一回の消防点検で避難時の安全性をチェックしているはずですが、それがないとか、そもそも避難経路がなく、いざという時にベランダから逃げられそうもない場合は意味を成していませんね。

近隣住民に迷惑をかけられる

自分はきちんとしていても、近隣の住民がきちんとしていないということだってないとは言えません。

ベランダ伝いに猫が入ってきて糞をしたとか、汚水が流れてくる、ベランダでしょっちゅう喫煙するので洗濯物が臭くなる、ベランダがゴミ置き場になっていてゴキブリが大発生した、などベランダをめぐるトラブルは枚挙に暇がありません。

借りる前に周辺住民のベランダ使用状況をチェックに行ってみましょう。ゴミが山積みになっていたり、雑然と荒れた感じになっていたら要注意です。

結局ベランダはいるのかいらないのかと言えば、「あれば便利だけど必ずしも必要ではない」というところでしょうか。布団や洗濯物は風通しよくすれば部屋干しでもなんとかなりますし、収集日前の生ごみはしっかりした密閉式のゴミ箱を買いましょう。