初めての一人暮らし!物件選びのポイントは?

就職や進学で初めての一人暮らしをする人のため物件選びのポイントをまとめてみました。初めての一人暮らしは情報源がネットや知人からということがほとんどですよね。

目や耳に入ってくる情報はいいことばかりではないので何かと不安になりがちです。物件選びの時点で回避できる不安は取り除いておきましょう。

立地や治安について

初めての上京などでは有名な街についつい憧れを抱きがちですが、物件選びではまず勤務先や学校からなるべく近いところを探しましょう。有名な街=住みやすい街とも限りませんし、家賃の相場が高すぎるかもしれません。

住みたい街の駅名にこだわりすぎない

「自由が丘」や「吉祥寺」など人気の街は家賃が高いです!でも、そういう人気の街から少し離れた場所にはよりよい条件の物件がもっと安い家賃であります。

東京など都市圏なら最寄駅が違っても人気の街まで自転車で行ける場合も多いので、スマホ地図アプリなどを参考に行きたい街の自転車圏内で探す方法もよいでしょう。

駅名にばかりこだわって物件探しをしていると家賃の相場より高いところを紹介されてしまうこともあります。事前にネット検索でいくつかの物件を比較して家賃相場を知っておきましょう。

最寄駅までの道のりについて

不動産情報で駅から徒歩10分と書いてあっても、実際自分で歩いてみるとかなり歩くことがあります。閑静な住宅街にある物件は昼間はよくても夜人通りがなく心配かもしれませんから、道が明るくて帰宅時も人通りがあるところがおすすめです。

物件下見の際には夜の人通りや何かあった時に逃げ込めるお店があるか確認しましょう。自転車利用の場合も都会の駐輪場は駅から結構離れていたりするので、駐輪場の場所も調べておきましょう。バス利用では終バスの時間と、バスが渋滞で遅れがちということはないか下調べも必要です。

防犯目線で間取りや階層を決める

物件を選ぶ上で立地の次に重要といえるのは間取りですが、住む階層は防犯面の重要なポイントです。物件の隣の建物や部屋の位置、部屋の形も防犯面を意識して選びましょう。

1階は危険、でも2階だからといって安心してはいけません。

通りに面した1階は人目が気になってカーテンや窓を開けられない、女性は特に洗濯物を干せないなどの問題があることも。

防犯上2階以上なら安心と思いがちですが、2階でも雨どいやベランダ、隣の建物の壁をつたって容易に進入できてしまう造りの建物もあります。2階以上に住んでいたとしても全ての窓の施錠を忘れずにしましょう。

ワンルームでの注意点

ワンルームマンションでは玄関を開けてすぐにベットや生活空間が見える部屋もあり、宅配の人などの対応するにも何となく気まずいことがあります。突っ張り棒などを使って仕切りとなるのれんを1枚つけるとよいでしょう。

また、集合住宅の全体の間取りもチェックしましょう。壁一枚で隣と接していると声が丸聞こえの場合も。隣の部屋の音が聞こえるのもストレスですし、何より自分の方も色々と神経を使う羽目になります。音がどうしても気になる場合は少し古めでもファミリー物件を選ぶとよいでしょう。

設備について

一人暮らしの部屋なので、設備はあまり必要ないと思っていませんか?実際に生活してみるとものはかなりの量になってしまい、当然収納が必要になります。また、快適な生活を送るためには窓の数や位置も重要で、日当たりや風通しがよくない物件では苦い思いをすることもあります。

設備のチェックポイント

コンセントの数や位置を確認すること。エアコンの有無や場所も実際に役に立つ部分にあるのかが重要です。また備え付けの収納もせっかくあっても使いづらければ意味がありません。

クローゼットの位置やサイズ、キッチン収納、高さのある靴も入る靴入れなどは欲しいものなので、備え付けがなければ設置できるスペースがあるかを確認しましょう。

トイレットペーパーを入れる場所がなかった、キッチンが狭く収納が置けないため居住スペースに食器などを置くことになってしまった、などよくあるお話です。キッチンは毎日使うのなら、コンロの数や調理スペースなどにこだわって選びましょう。

日当たりや風通し

日当たりがなく洗濯物が乾かない、風が通らなくて湿気でカビが生えてしまったなどの問題は物件選びの時点で回避したいものです。

角部屋は窓も多く光が入りやすいというメリットはありますが、その分1階は侵入経路がとりやすいため防犯上危険です。対策としては遮光カーテンで中を見えなくしたり、鍵を二重にしたりするなどの工夫をするとよいでしょう。

初めての一人暮らし、物件選びのポイントまとめ

以上、初めて一人暮らしをする時の物件選びでは事前の下調べが肝心ということがわかります。住んでみて初めてわかることもたくさんありますが、事前に回避することができることもあります。

安全で安心な居住環境を手に入れれば、一人暮らしの楽しさも倍増するでしょう。素敵な物件を見つけて初めての一人暮らしを楽しくスタートさせてください。