楽器可物件なのに騒音で苦情が……

日本人は楽器を演奏する人の数が諸外国に比べて多いと言われています。小学校の音楽教育のお陰ですが、多くの人は大人になったら特に楽器の演奏はしなくなるのではないでしょうか。

でも、趣味が音楽でどうしても部屋でも練習したいと思って、わざわざ「楽器可」物件を選んで借りたのに、いざ入ってみたら近所から騒音のクレームがつくこともあります。実は、「楽器可」の物件には知っておかなければいけない落とし穴があるのです。

楽器を弾ける部屋、弾けない部屋

基本的によっぽど神経質な大家さんでない限り、部屋での楽器演奏は一切まかりならんということにはなりません。アコースティックギターや電子ピアノ、子どものカスタネットやリコーダーなどまで禁止していたら、今日日部屋が埋まらなくなってしまいます。

でも、だからと言ってグランドピアノやドラムセットを持ち込んでいいかと言ったら、それは常識的にダメだろうと多くの人は思いますよね?一口に「楽器可」と言っても、部屋によっていろいろな段階があります。

楽器防音物件

完全に防音に特化した居室があり、そこでは24時間好きな時に練習できますし、当然のことながらグランドピアノの持ち込みもOKという「音楽家のために特化して作られた」ような部屋です。

こんな物件に住むのが一番安心ですが、当然設備投資の分だけ家賃が高かったり、場所が駅からさらにバスなど不便だったり、日当たりが限りなくゼロに近かったり、代わりに我慢しなければならないことがあるのは覚悟してください。

ここまで気合の入った防音室付きの部屋を借りるのは音大の学生さんや、プロのミュージシャンが多いので、当然こういった物件は音大の近所に多くなっています。

楽器遮音物件

一般の音楽愛好家が狙うのはこのクラスの部屋になるのではないでしょうか。特別な防音室はなかったとしても、建物自体が防音性を意識した造りになっているタイプです。たとえば、幹線道路や線路の近くは二重サッシ窓になっています。

隣の部屋との境目が壁一枚ではなく、間にバスルームスペースがあったり、物入れになってそこが音の緩衝帯になっている部屋は遮音性がまったく違います。当然設備投資面で防音室完備よりも安いので、家賃もお手頃になってきます。ただし、遮音具合は物件によりまちまちで、それにより演奏可能な時間や持ち込める楽器が制限されていたりします。

楽器可物件

さて、「楽器可」と書いている物件ですが、これは防音、遮音などの設備は特にされていないけれども、入居者同士の常識の範囲で暮らしてくださいという物件だと思っていいでしょう。

つまり、お互いに楽器の音は聞こえると思うからそこは「お互い様」の精神でうまくやってくださいね、ということです。非常に曖昧なので、トラブルに発展する可能性は見えますよね。

楽器可だけどもめてしまう理由

まず「楽器可」物件の多くは十分な防音設備はないと思っていいでしょう。ということは住んでいる人同士の間でも「うるさい」「うるさくない」の感覚の違いが出てきてしまうのも当然です。そのために、「楽器可」物件にはさまざまな約束事があります。

時間制限つき

楽器可と言っても完全防音でない限り、24時間好きな時に弾けるとは思わないほうがいいでしょう。それぞれの部屋によって規約があります。たとえば、楽器の演奏は夜8時までとか、明確に時間が決められていればいいのですが、トラブルになるのが「常識の範囲内で演奏OK」という場合です。

たとえばある人にとっては夜7時以降に楽器で音を出すなんて非常識かもしれませんが、別の人によっては夜の9時なんてまだまだ宵の口で騒音には当たらないと感じたり、自分では「この程度の音は大丈夫」と思っても、お隣さんにはそれが「受忍限度(我慢できる限界)をこえた騒音」に思えたり、「常識的な範囲」は千差万別です。

楽器は種類が大事

そもそも「楽器可」とは言っても、何でもOKというわけではありません。きちんとした防音設備があるなら、ピアノや弦楽器、アンプにつなぐ鍵盤楽器などはまず大丈夫ですが、トランペットなどの金管楽器や、振動が壁を通じで伝播するバスドラムなどは、普通の集合住宅で思う存分練習するのは諦めたほうがいいかもしれません。

中には金管楽器、ドラムOKをうたった部屋もありますが、時間制限があったりして思うようには練習できないと思います。多くの場合、どの楽器を弾きたいのかあらかじめ届け出る必要があります。

さらにもめる「楽器相談」

実は、「楽器可」よりもさらにもめる可能性があるのが「楽器相談」と書いてある物件です。不動産広告を見ていると「ペット・楽器応相談」なんて書いてありますが、「相談」は「楽器可」よりさらに曖昧なものです。

なぜ「相談」なのか

楽器相談と書いてあるような部屋は、元々は楽器禁止だったのかもしれません。しかし、ここのところの部屋余り現象でいつまで経っても入居者が決まらないため、困り果てた大家さんが条件を緩めて「楽器くらいはいいか」とした場合もあるのです。

当然同じ建物内には楽器不可という条件で住んでいる人たちもいることでしょう。そういう人たちの中には、あなたが「自分は楽器が弾けるという契約で入ってきているので」と楽器を持ち込んできたら、カチンと来る人がいるかもしれません。

トラブルを避けよう

防音室完備の部屋を借りるほどの予算はないけれども楽器を弾きたいからリーズナブルな楽器相談物件に住もうと思っているなら、内見には必ず行くようにしましょう。それも、できれば昼、夜、休日と3回行きたいですね。

もし、そこに他にも楽器の演奏を楽しんでいる人が住んでいれば、内見の時にその音が聞こえるはずです。また、ご近所さんと顔を合わせる機会があれば、楽器の演奏についてどう思うか、お互いどんな工夫をしているのかを訊いてみてもいいでしょう。

自分でできる防音策

部屋に十分な防音設備がないなら、できる限りの努力は自分でしなければいけません。たとえば、窓に床まで届く防音カーテンを付けるのは基本ですし、もし床が音が響きやすいフローリングなら、音を吸収するカーペットを敷くだけでも随分違います。

隣家との間が壁一枚なのであれば、壁際に突っ張り棒などで天井まで届く収納棚を作ったり、あるいは収納家具を隙間なく置くことで音の緩衝帯になります。

どうしても解決できなかったら

楽器を弾きたいあなたと、どうしても楽器の騒音が我慢できない隣人。もうお互いに歩み寄れないと思ったら、あなたができることは、引越すか家で楽器を弾くことを諦めるか、2つに1つです。無駄な近隣トラブルで神経をすり減らすのは馬鹿らしいことですからね。

どうしても家で弾きたいなら引越すしかないでしょうし、トランペットなど外に持ち出せる楽器なら、公園や河原などの広い場所で練習したり、お金を払って貸しスタジオを借りてもいいと思います。

また、裏ワザとしてはカラオケボックスで金管楽器の個人練習をする人もいます。店によりけりですが、楽器持ち込みOKなところや、中にはカラオケルームとは別に楽器練習スペースがある店もあるので問い合わせてみてください。

「常識の範囲内で」という日本特有の曖昧な表現は数々のトラブルの元になってきました。「楽器可」物件もその一つです。できればお互いに歩み寄って練習時間に制限を設けるなどして、うまく暮らしていけるといいですね。