後悔したくないから一人暮らしでも小さすぎる冷蔵庫はNG

引越していよいよ一人暮らしがスタート!必要な家電をそろえなければいけませんが、まず必要なのが冷蔵庫です。実はどんな冷蔵庫を選ぶかで、その後の生活の快適度は大きく左右されます。「どうせ一人暮らしだから小さいのでいいや」なんて安易に決めると後悔しますよ。

初めての冷蔵庫選び、サイズにはこだわろう

ネット通販や家電量販店の冷蔵庫コーナーをのぞくと、あるわあるわ、大きなものから小さなものまで、自動で氷ができたり、霜取りができたり、脱臭してくれたり、鮮度長もちをうたっていたり……。正直何を選んだらいいのかわからないかもしれませんね。

でも、まず見てほしいのが、冷蔵庫の大きさなんです。冷蔵庫の大きさには、外側の大きさと内側の容量があります。基本的に外側が大きければ容量も大きいのは当たり前です。

入らなければ話にならない

まずはワンルームなど、限られたスペースしかない場合や、あらかじめ部屋に冷蔵庫置場がある場合には、その大きさをチェックしましょう、「物理的に入らない」なんていうのは論外です。

横幅、奥行きはきちんと自分でメジャーを使って測ってから冷蔵庫を選びましょう。ワンルームによくあるタイプで、冷蔵庫スペースの上に作り付けの棚がある場合は、高さもチェックしなければいけません。

将来を考えて容量を決めよう

次に気になるのが容量です。今は技術の進化で外側は同じ大きさでも中の容量はどんどん大きくなっていて、どれも昔に比べて随分ものが入るようにはなりましたが、それでもメーカーによって容量はかなり違います。

もし、あなたがこれから自炊をしようという気構えがあるなら、予算とスペースが許すのであればトータル200リットル以上、最低でも170リットルはほしいですね。逆に料理は一切しない、家ではものを食べない、冷蔵庫には飲み物しか入れないというなら150リットル以下でもいいかなあとは思いますが、よく考えましょう。

今は必要ないかもしれませんが、そのうち恋人ができたら?二人でお家でゆっくり手作りごはんなんて洒落たことをやってみたくなる可能性はありませんか?友達が大勢来て鍋パーティーをする、なんてことはないですか?

小さい冷蔵庫は無駄ばかりです

確かに冷蔵庫は100リットル台と200リットルを超えるものでは値段が結構違ってきます。「引越しでいろいろ物入りだし、とりあえずは安い小さいのを買っておこう」

これが落とし穴なんです。

冷蔵庫のような耐久消費財は、「とりあえず」で買っておいそれと買い換えるわけにはいきません。あなたが今買う冷蔵庫は、この先何年もあなたと生活を共にするパートナーです。

詰め込みすぎは電気代と食材の無駄

一人暮らしをしていると、どうしても食材はあまります。肉や魚や野菜はもちろん、バターや牛乳、一口だけ食べたかった漬物のパック、半分残した菓子パンなど、知らず知らずの間に食材は冷蔵庫の中に溜まっていきます。小さい冷蔵庫だとあっという間に満杯です。

こうなると冷気の循環が悪くなるだけでなく、ぱっとひと目でほしいものが取り出せないため、あっちをごそごそこっちをごそごそしている間にどんどん冷気は逃げていきます。

それでも物陰に隠れて見落としていた食材が氷漬けのマンモスのように後から発見される可能性も高く、結果的に食材を無駄にしてしまうことも増えます。

買い物にかける時間と手間が無駄

当然小さい冷蔵庫はあまり物が入らないので、買い物も細々と毎日のようにしなければいけません。その点ある程度の大きさがあれば、まとめ買いができるので買い物にかける時間も減らせますし、まとめて大容量で安く買って、小分けにして冷凍保存という技を使うこともできます。

料理をする時の時間が無駄

忙しい時、カレーやシチューのように大量に作り置きしておいて温めるだけで食べられるものがあると重宝します。ただし、カレーは足が早いので要注意メニューでもあります。そんな時大きい冷蔵庫だと作った鍋ごと冷蔵庫に保存できるので、まったく手間がかかりません。

これが小さい冷蔵庫なら一々タッパーやジップロックに入れ替えるという、洗い物も増える面倒くさい一手間が必要です。あるいはそもそも入れるスペースがないかもしれません。

また、気になる野菜不足も、大きい冷蔵庫があれば時間がある時に大量にほうれん草の胡麻和えやきんぴらごぼうを作って冷蔵、あるいは冷凍保存しておけば、毎日の食事やお弁当に大活躍です。

その他冷蔵庫選びのチェックポイント

まず、冷蔵庫の大きさが一番重要ですが、ほかにもいくつか、冷蔵庫を選ぶ時には考えておいてほしいポイントがあります。

冷凍庫も大きめのものを

一人暮らしで大活躍するのが冷凍庫です。自炊をしない人でも飲み物は飲みますよね?家庭用の冷凍庫で作った氷は溶けやすいので暑い夏には大量に使います。さらにペットボトルをまるごと一本冷凍できれば、外出に持っていってもよし、扇風機の前において冷たい風に涼んでもよし、暑い夏には重宝します。

また、作り置きのおかずやごはんを冷凍したり、特売で買った食材を小分けにして保存したり、自炊するなら冷凍庫はフル回転で活躍してくれるのはいうまでもありません。

扉の開き方に注意

片開きの冷蔵庫の場合、右開きと左開きがあります。メーカーによって両方のタイプから選べるものもあります。基本的に右利きの人が多いため右開きが多いのですが、キッチンが狭い場合、冷蔵庫の扉の開き方は動線に大きく影響するのでチェックしましょう。

音は静かか?

キッチンと寝室が離れていればいいのですが、ワンルームの場合動作音が大きいと気になって眠れないという人もいます。

あなたの一人暮らしライフを左右する冷蔵庫。大きめのものは確かに多少値がはるかもしれませんが、妥協をして後悔するよりは、快適な暮らしをすることのほうが重要なのではないでしょうか?