一人暮らしでも作れる本格野菜ガーデニング

「エディブルガーデン」って聞いたことありますか?

エディブル=食べられる
ガーデン=庭

まあ、平たく言ってしまえば野菜やハーブなど食べられるものを中心に作っている庭のことです。家庭菜園というほど本格的にやらなくても、一人暮らしであまり時間がなくても、一人分の野菜くらいなら自分で作るエディブルガーデンをベランダに作ることだってできるんです。

まずは環境を見極めよう

ベランダで野菜を作るというと、難しいのでは?とかダサくなるのでは?と思う人もいるかもしれませんが、いえいえ、簡単でオシャレなエディブルガーデンを作ることはできます。ただ、ベランダの環境によってできることとできないことがあるので、闇雲に始める前に自分の家のベランダ環境を見極めましょう。

エディブルガーデン向きのベランダ

野菜に限らず、一般的に植物を育てるのに絶対必要なのが水と日照です。水はせっせとあげればいいのですが、一日中ほとんど日が入らないようなベランダだと、できるものもかなり限られてきます。

東〜南向き

基本的に植物は朝の太陽が好きで、夏の西日は苦手です。一日の朝の時間になるべく直射日光を多くあててあげるには、東〜南向きのベランダがベスト。もしこういうラッキーなベランダなら、だいたいなんでも作れるでしょう。

ただし、あまりにも真南だと、夏に太陽が真上に来てしまって日が入らなくなるケースもあります。

コンクリートの塀がない

ベランダ前面は一番いいのが金属製の手すりなど、日照をさまたげず、風が通り抜ける作りです。ベランダにコンクリート壁がある場合には鉢置きで鉢の高さを上げるなどの工夫が必要になるかもしれません。

エアコン室外機から離れている

ベランダで最も過酷な環境が、室外機の前です。たえず熱風が吹き付けるような環境ではまともに育つものも育ちません。

排水口がある

ベランダがお隣と続いている場合、排水口が自分の家ではなくお隣のベランダにしかないケースがあります。その場合当然、水やりをした時の水が隣に流れ込んでしまうので、ご近所トラブルになりかねません。

もし、自分のベランダにあるなら、排水口にネットをかぶせる、こまめに掃除をするなど詰まらせない工夫をしましょう。

向いていないベランダでもできないことはない

最初からベランダガーデニングが趣味でそれに合った物件を探したというならともかく、ベストの環境のベランダはなかなかないかもしれません。でも、だからって諦めることはありませんよ。

日当たりが悪い

日当たりが悪い場合、トマトやナス、キュウリなどの実ものはまず諦めましょう。日照がないと花が咲いても実が成熟しなかったり、そもそも花すら咲かないこともあります。でも、葉もの野菜やハーブならいけますよ。

説明書きには「日当たりを好む」と書いてあっても、ミントやシソ、バジル、ルッコラなどは日の当たらない場所ですくすくと育ちますし、心なしか香りもいいような気がします。また、レタスなどもふんわりやわらかくできます。

もし、本当に絶望的に日が当たらないなら種を蒔いて、芽が出たらスプラウトとして食べてしまうという手もあります。

日当たりが良過ぎる

逆に日が強過ぎるのも考えものです。コンクリートは熱を反射し、溜め込み、植物に過酷な環境を作り出すので、せめて下にすのこなどを敷いてください。

狭い

ベランダの狭さは創意工夫で克服しましょう。コツは下に鉢を並べるのではなく、鉢置きやワイヤー、トレリスなどを上手に使って立体的に配置することです。ただ、地震が起きた時や、水やりのことを考えて絶対に下に鉢や土、水が落ちない場所に置かなければいけません。

どうしても室外機がじゃまという時は、室外機用のカバーや収納棚がありますので、それで室外機を覆って、上に鉢を置いてしまうこともできます。

ただ、あまりギチギチに詰めてしまうと風通しが悪くなるだけでなく、一鉢一鉢の状態がよく見えなくなって異変に気づくのが遅れるので、あまり欲張って置き過ぎないようにしてください。

ベランダに物を置いてはいけない規約がある

残念ながらこの場合は諦めてください。室内でも明るい窓辺があれば、ハーブくらいなら育ちます。

一人暮らしのおすすめはメスクラン

メスクランとは、南フランス、プロバンス風の若い葉っぱを使ったミックスサラダです。何種類ものレタスやハーブをごちゃまぜにしたこのサラダ、見た目もカラフルな葉っぱやギザギザの葉っぱなど色々なバリエーションがあって楽しい上に、一口ごとに味が違って毎日食べても飽きません。実はこれ、そのまんま育てられます。

メスクランを作ろう

やり方は簡単です。レタスやルッコラ、チコリー、小松菜、サラダ菜、コリアンダー、スイスチャードなどなど、お好みの種を買ってきてそれを全部混ぜ、湿らせた鉢土の上に適当にバラバラと蒔き、薄く土をかける。これだけです。

後は発芽するのを待ち、あまりにも混み合っているようなら適当に葉っぱと葉っぱが触れ合うか触れ合わないかくらいの距離が空くまで間引きます。お好みの大きさに育ったら根本から数センチのところで切ってもいいし、もっとていねいにしたいなら外側から掻き取って収穫すれば、長く楽しむことができます。

メスクランのコツ

ワンボウルのサラダを一つのプランターでそのまま育てるのが楽しいメスクランですが、いくつかコツがあります。まず、コリアンダーやチコリーなど癖の強いものは少なめに、レタスや小松菜など、ベースになるようなものを多めにすると、食べた時においしいです。

収穫したら薄めた液肥をあげておくと、復活が早くなります。間引く時は思い切って間引きましょう。「かわいそう」と思うかもしれませんが、あまりにも混み合うと一つ一つがひょろひょろに弱くなってしまいますし、風通しが悪くなって虫や病気の元になります。

メスクランのレシピ

摘みたて野菜のメスクランなら、シンプルが一番。エキストラバージンオリーブオイルとバルサミコ酢、塩、コショウのシンプルなオイル&ビネガーで十分です。

実は野菜は収穫したら1秒ごとに風味が落ちるという人がいるほど、摘んでから口に入るまでの時間が重要です。採れたものをその場で食べるわけですから、これ以上の贅沢はありませんね。もし、シンプルなオイル&ビネガードレッシングに飽きたら、卵黄やめんつゆをプラスして変化をつけてもいいですね。

さらにはまったらやってみよう

エディブルガーデンにはまったら、コンポストを使った循環型ガーデニングにチャレンジしてもいいでしょう。普通のバケツに古い土と収穫後の野菜くずやキッチンで出る生ごみを米ぬかと一緒に混ぜておくと、微生物の働きでほかほかと温かい自家製の堆肥になります。

一人暮らしの場合、生ごみを出しそびれることのないよう常に気を使って生活していなければいけませんが、コンポスト一つあると、その中に全部入れてしまえばいいだけなので、生ごみの量は十分の一くらいになるだけでなく、「あ、明日は生ごみの日だから帰らなきゃ!」という煩わしさから解放されます。

きちんと環境を作ってあげれば、元気な微生物たちのおかげで臭いもありません。

まとめ

安全安心、そして何よりも採れたてをその場で食べるという最高の贅沢を手に入れるには、自分で作るのが一番です。

「本当にベランダでそんなにできるの?」と思うかもしれませんが、東京都心の幅60センチの狭いベランダでゴーヤ、ナス、トマト、オクラ、ブロッコリーからデザートのパッションフルーツまで常時20種類くらいの食べられる植物を育てていた経験者が言うのですから、間違いはありません。

必要なのは、慣れと経験と何粒かの種だけです。