引越し先の新居探し。不動産屋はどこでも同じなの?

引越し先の新居を探すとき、不動産屋選びはどうしますか?駅前のお店、街の不動産屋さん的なこぢんまりとしたお店、ネットなどいろいろありますが、自分にぴったりの店を選ぶのはなかなか大変です。

不動産屋は何軒かまわったほうが良いのか、それともひとつに絞ってそこの中から決めたほうがいいのか、悩みますよね。賢く不動産屋を選んでいい部屋をゲットしましょう。

知ってるようで知らない不動産屋基礎知識

不動産屋によって紹介できる物件数が違うなら、物件数が多く選択肢の多いお店を選んだほうが良いような気もしますよね。

物件数No.1が良いの?

よくある広告に物件数ならお任せください!といった内容がありますが、これは集客目的のうたい文句なだけで、実際はどこの物件であっても誰もが紹介できるのだからあまり関係ありません。

実は物件というのは共有されているものなので、別の不動産屋が持っていたとしても紹介してもらえるのです。

不動産屋には得意分野がある

一口に不動産会社と言っても、賃貸を主体としているところ、売買を主体としているところ、管理を中心にしているところ、建売販売が中心など、それぞれ強みを持っています。

賃貸物件を探している場合はもちろん賃貸を得意としている不動産屋から探すのが一番ですが、管理業務も行っている不動産屋では自社管理の物件から紹介していくのが常識です。

また、賃貸専門の不動産屋でもファミリー物件に強かったり、シングル向け物件が多かったり、事務所向けの物件に強いなどの専門性のある業者もあります。

不動産屋選び

物件を探すとき、まずはネットで大体の地域を決めてから、検索をかけたり実際にそのエリアの不動産屋をまわるのが一般的ですよね。不動産屋選びで失敗しないためにも、良心的な接客をしてくれるかどうかをまずチェックしましょう。

どういうお店が良いのか?

有名=安心?駅前=便利?というイメージが漠然とあるかもしれませんが、実際のところは、有名と優良、駅前の好立地と便利はイコールではありません。

本当にいい不動産屋というのは、お店の認知度や美観だけでなく、行ってみて営業さんと話してみてわかるものです。

不動産屋には大きく大手不動産会社と地域密着型の不動産屋の2種類があり、営業のやり方がかなり違います。

大手の不動産会社では従業員の数は多く、入れ替わりも頻繁なため、契約途中で担当が変わるということも珍しくありません。大手という安心感はありますが、じっくりと相談に乗ってくれそうなのは地元の情報にも詳しい地域密着型かもしれません。

担当営業の雰囲気

例えばお店は古びていて小さいよりも新しくて大きなほうが気持ちはいいかもしれませんが、不動産屋を選ぶ上では接客態度に誠意を感じかどうかのほうが大事です。

こちらの希望を真摯に聞いて条件にあった物件を一生懸命探してくれるような営業さんに出会えればベストです。ノルマや繁忙期の忙しさであまり真剣に取り組んでくれていないような感じを受けたら、そこはやめてしまって良いでしょう。

こんなお店は注意

看板を公道にはみ出して出している(法律違反です)、やたら安さを強調している、などは常識はずれな不動産屋と言っても過言ではありません。また、広告の文言についてもルールが守られていない不動産屋は信用できるのか不安があります。

例えば広告にも禁止されている用語があります。根拠のない価格上の記載(特売物件、適正価格、定価販売など)や根拠が定義できない用語(優良物件、一等地など)購入を煽る表現(完売間近、お急ぎくださいなど)がそれに当たります。

他にも、好条件のおとり物件をあげておき、そこはもう借りられませんが、次に良い条件のここがありますよ、というように物件の成約率をあげるのが目的で広告を出していることもあります。

この偽物件情報に関してはチラシやネットでも問題になり、景品表示法に違反となり公正取引委員会から排除命令を受けたという例もあります。

また、一部の悪質な賃貸業者によっては礼金の上乗せが行われている、という可能性もあります。ネットでその物件を調べることにより、本来の礼金がわかるので必ず調べてみましょう。

例えば、本当は礼金0なのに1ヶ月となっていたり、デザイナーズ物件でもない一般的な部屋で礼金2ヶ月、というパターンはあまりないので念のため調べてみましょう。

賃貸の初期費用については敷金、礼金、前家賃、火災保険、鍵交換費用、仲介手数料、保証料(保証会社利用の場合)以外にかかる「その他の費用」に注意しましょう。消毒、書類作成、事務手数料などがこれに当たります。

物件広告の備考欄に意味が分からない初期費用がある場合は、きちんとした説明をしてもらいましょう。良心的な不動産屋なら、希望する地域の家賃の相場もきちんと教えてくれた上で「初期費用はこのぐらいはかかるのが一般的です。」など、的確なアドバイスをしてくれるはずです。

不動産屋さんの選び方まとめ

数多ある不動産屋の中から良心的で自分にあったお店を見つけるのは難しいことかもしれません。

しかし、不動産業界での決まりごとやルールをある程度知っていれば、物件数の多さや、安さばかりでなく、店の方針や実際に話を聞き、物件選びの手伝いをしてくれる営業がいるかなどを見て不動産屋を選ぶのがベストということになります。

住みたい地域が決まったらできれば不動産屋もいくつか比べてみることをおすすめします。