ゴム手袋に軍手雑巾で拭き掃除が簡単になる!

初めての一人暮らし、初めての自炊。何もかもが新鮮で部屋のインテリアにも気合が入ると思いますが、どれだけインテリアに凝ったとしても、部屋が汚部屋では全てが台無しです。

黙っていても掃除をしてくれるお母さんはいないのですから、なんとか時間をやりくりして清潔な部屋を維持しましょう。ちょっとしたコツとツボをおさえておくだけであなたの一人暮らしライフは快適になります。

汚れは溜めないが原則

まず部屋を汚部屋にしないための大原則は、汚れは溜めないということです。なんでもそうですが、一度ついた汚れを放置しておくと固まったり埃と結びついて頑固なこびりつきになったり、カビがはえてきたり、色が沈着したりと大変なことになります。

特に注意すべきなのは

気がついた時にささっと掃除をする癖がつけばいいのですが、なかなかすぐにはできないでしょう。そこで重点的に普段から掃除をしておくべきところを紹介します。

クッションフロア

家賃の安い賃貸住宅やペット可住宅に多いビニール製の床材、クッションフロアです。水に強く、簡単にハサミやカッターで切って貼ることができる上に、ぱっと見フローリングに見えるので大人気なのですが、これがなかなかの落とし穴です。

クッションフロアはとても色移りがしやすく、上に置いたものの色が染みこんでしまうとまずきれいにはなりません。また、柔らかい素材だけに上に置いた家具の形の凹みもすぐにできてしまうので、退去時に貼替え費用をめぐってもめたくないなら、汚れの沈着がないようこまめに拭き掃除をし、ついでに凹みがついていないかチェックもしましょう。

ガスレンジまわり

自炊をすればさけられないことですが、調理の際に出る細かい油の粒子は広範囲にわたって周囲に飛び散っています。これを放置していると、そこに埃が結びつき、こびりつき汚れになります。こうなると落とすのに時間も手間も段違いにかかります。

下手をすると自力では落とすことができず、退去時に高額なクリーニング代を請求されるかもしれません。油汚れはつけたらすぐ拭くのが基本です。まだ料理をした温かさが残っている間なら、油も固まっていないので布巾で拭くだけでするっと落ちます。

タイルの目地

浴室や玄関のたたきなど、タイル貼りの場所は気がつくと目地の部分が黒ずんでいることがあります。これもクレンザーでこすったりカビ取り剤を使ったり塩素系漂白剤でパックしたりと、一度ついてしまうととても手がかかるので、タイルは1日1回は水拭きした後に乾拭きするくらいの心構えでいたいものです。

念入り掃除に万能なのは

汚れを溜めないように気をつけていても、気がつくと溜まっているものです。特にキッチンまわりは細かいグリルの中や電子レンジの隅など、どうしても汚れが溜まってしまうもの。そんな時に用意してもらいたいものがあります。

軍手雑巾とセスキで油汚れすっきり

必要なものは100円均一ショップと、すでにあなたの家にあるかもしれないもので全て間に合うと思います。

  • ゴム手袋
  • セスキ炭酸ソーダ
  • 重曹
  • 軍手
  • 霧吹き
  • 古歯ブラシ
  • 伝染したストッキング
  • 爪楊枝

これらを準備したら、こびりついてしまった汚れの掃除にかかりましょう。

油汚れにはセスキで

セスキ炭酸ソーダとは、油脂分を乳化したり、タンパク質を分解する働きがあるアルカリ剤です。重曹と同じような働きをしますが、少しだけ重曹よりもアルカリ度が高いため、その分洗浄力も強くなっています。

また、重曹よりも水に溶けやすく、霧吹きでスプレーをするのには便利ですが、粒子を残したクレンザーとしての使い方には不向きです。

このセスキを買ってきたら、水500mlに対して小さじ1杯程度溶かし、セスキ水を作って霧吹きで汚れている場所にスプレーします。すぐに汚れがゆるんでくるのがわかると思いますが、少し時間を置くとさらに楽に汚れを落とすことができます。

軍手雑巾の出番です!

さて、ここからセスキ水によってゆるんだ汚れを拭きとっていきます。セスキ水は肌を荒らすこともあるので、一応ゴム手袋はしたほうがいいでしょう。さらにここで一工夫。ゴム手袋の上に、軍手をはめてその軍手の部分を雑巾代わりに使って汚れを拭きとっていきます。

人間の指よりも繊細な動きができる掃除道具なんてありませんから、隅のほうに固まって取れにくかったり、穴の部分に溜まってしまったりした頑固な汚れも、軍手をはめた指でぐりぐりとするだけで面白いように取れていきます。

指が入らないような狭い場所や、作り付けコンロと天板の境目などは、歯ブラシや爪楊枝を臨機応変に使い分けましょう。手でなでるだけで汚れが落ちて便利な軍手雑巾は、もし片方が汚れてきたら軍手には左右がないので、入れ替えるとまたきれいな面で掃除をすることができます。ただし、水がしみてくる恐れがあるので、軍手の下のゴム手袋は軽く1回折り返しておきましょう。

さらにこの軍手雑巾、念入り掃除だけでなく、普段でも水が使えないAV機器まわりやパソコン、リモコンなども、はめてなでるだけで埃落としになりますし、汚れたら何度でも洗って使えるので、便利でエコ、一度使ったら手放せない掃除グッズです。

五徳と受け皿は重曹漬け置きで

天板やガスコンロ表面、電子レンジの中、グリル内部などはセスキ水と軍手雑巾でなんとかなりますが、問題は焦げついてしまった五徳と受け皿です。これもできれば調理をしたら冷めきる前にさっと拭いたり、受け皿に何かを吹きこぼしてしまったらすぐに洗う癖がついていればいいのですが、なかなかそれができませんよね。焦げつきを作ってしまったなら、セスキではなく、クレンザー作用もある重曹の出番です。

大きなビニールのゴミ袋に水と重曹を9:1の割合でいれてかき混ぜ、そこに五徳の受け皿を漬けて、口をしばってしばらく置いておきます。できればこの作業は夜のうちにやって、一晩そのまま漬け置きして翌朝から掃除スタートにすれば時間に無駄が出ません。時間がなくても最低でも1時間以上は漬け置きできるように工夫しましょう。

さて、漬け置きが終わったら、焦げつきも大分ゆるんでいると思うので、スポンジや古歯ブラシなどで焦げをこそげ落としていきましょう。この時、使わなくなったプラスチックのカードがあると、とても効率よくこそげ落とすことができるので、二度と行かなくなったカラオケボックスの会員証などが財布の中に入っていないか探してみてください。

シンクと蛇口はピカピカに

風水では本来ピカピカ光っているものが汚れたり曇ったりしているのは、家全体の運気を落とすと言うそうです。本来はピカピカに輝いていなければいけない蛇口やシンクは頑張って磨きましょう。シンク磨きもまたキズをつけないナチュラルなクレンザー作用がある重曹が活躍します。

まず、食器用洗剤を薄めたものをスポンジにつけてあらかたの汚れを落としたら、こびりついた汚れやサビなどは重曹でゴシゴシと落とします。この作業は結構力が入りますので、覚悟してください。

金属たわしなど、もっと強力なものを使いたいと思うかもしれませんが、固いものでゴシゴシこするとステンレスに細かいキズをつけ、そこからサビの原因になったり、曇ってきたりしますので、ここは根気強くいきましょう。

全ては汚れがついた時にすぐに掃除しておかなかったあなたが悪いのですから。これに懲りたら、毎日シンクで洗い物をしたら固くしぼった布巾でシンクの中も拭き、水気と汚れを取っておく習慣をつけてください。

蛇口は伝染したストッキングを三つ編みにしたものでこするのが効果的です。これは目に見えてピカピカしてくるのが実感できるので、楽しい作業になることでしょう。

くどいようですが、汚れはついたらすぐ掃除しましょう。こびりつきになってしまったら、便利でエコな軍手雑巾や油汚れに絶大の力を発揮するセスキ、クレンザー効果のある重曹など、賢くグッズを選んでください。早くやればそれだけ汚れ落としも楽になりますよ。