旧居・新居の電気、ガス、水道の手続きは?

電気、ガス、水道などのライフラインは、引越しする時には出て行く家と新しく入居する家、両方で手続しなければいけません。

引越しではやらなければならないことがたくさんありますから、細かいことが苦手な人はついつい後回しにしがちですが、ライフラインの手続きは最優先でやってくださいね。

旧居でやるべきこと

引越しの日が決まったら、なるべく早くそれぞれの会社に連絡しましょう。確実に手続きしておかないと、たとえば庭の水道を誰かに洗車で使われてしまったとしても、その分の水道料金を払わなければならなくなります。

電気

電気の使用停止日が決まったら、早めに電力会社に連絡しましょう。使用停止にサービス員の立ち会いは不要で、ブレーカーを落とすだけで大丈夫です。

電話で連絡する方法

毎月届く「電気ご使用量のお知らせ」という検針票や、請求書に記載されている「カスタマーセンター」や「お客さま窓口」に電話番号が記載されています。

引越し繁忙期になる3月から4月は問い合わせや申し込みが殺到し、電話が繋がりにくいことも覚悟しなければなりません。延々とお詫びのアナウンスや保留メロディを聞くことになりますので、時間の余裕のある時にトライしてください。

ここで気をつけたいのは、使用停止日を引越し当日とするかどうかです。というのも、不動産屋さん立ち会いの退去確認を引越し当日ではなく別の日に改めてする場合には、その日に電気を使う可能性があるからです。予め不動産屋さんと打ち合わせをして使用停止日を決定しましょう。

電力会社のオペレーターとつながったら、まずは検針票か請求書に記載されている「お客さま番号」を伝えます。住所と名前を確認し、間違いがなければ、使用停止日を伝えます。そして、最終電気使用料の支払いをどのようにするか希望を聞かれますので、口座振替か、金融機関やコンビニでの送金か、使用停止日に電力会社のサービス員に使用量確認の上、現地で現金精算をするかを選びます。

転居先が同じ電力会社の管轄区域の場合は、引き続き新居の開始申し込みができます。FAXでの受付サービスもあります。

インターネットで手続き

インターネットに慣れているなら、24時間どこからでも手続きができて便利です。

ガス

ガスは特に扱いに気をつけてください。万一ガス漏れしているのに気づかなかったら責任問題にもなりかねません。きちんと閉栓手続きを済ませましょう。

電話で連絡する方法

お客さま番号が書いてある「ガスご使用量のお知らせ」という検針票に連絡先電話番号も記載されています。

その場で料金の支払いをしたい場合やガスメーターが室内に設置している場合、LPガスで保証金の精算がある場合は、必ずサービス員の立ち合いが必要になります。ガス会社も引越しシーズンとなる3月から4月は電話の混み合う時期になるので、使用停止日が確定したらなるべく早めに連絡しましょう。

転居先が同じガス会社の供給エリア内なら、同時に開栓の申し込みもできます。

ガス会社によりインターネット受付も可能

小規模のLPガス会社を除き、ほとんどのガス会社がインターネットでの手続きを受け付けています。

しかし、転居先で今使っているガス機器をそのまま使えるかなど質問がある場合は、電話で直接確認したほうが良いでしょう。

水道

水道は使っていなくても一定料の基本料金がかかってくるので、必ず手続きをしましょう。集合住宅などで、建物で一括して支払っている場合は、管理組合に問い合わせます。

水道メーターの数値を検針員と確認しておきたい時や、現地で現金精算する場合を除いて、基本的には立ち会い不要です。

電話で連絡する方法

引越し日が決まったらなるべく早く、遅くても引越し3日前までには連絡しましょう。こちらも引越し繁忙期は混み合って検針員が希望日に来てもらえないこともあります。

連絡先の電話番号と受付時間は検針票に記載されています。

使用する水道局によって引越し月の水道料金の算出方法は異なり、基本料金を日割り計算する場合や1か月の料金の半額となる場合など、様々あります。不明な点があれば問い合わせましょう。

インターネットでの手続き

パソコンやスマホからインターネットで使用中止と使用開始の手続きをすることもできますが、引越しに伴い契約者の名義が変更となる時や、区画整備などで住所の町名などの変更があった場合も、インターネットでの手続きができないこともあるので、注意してください。

新居でやるべきこと

転居先でも使用開始の手続きをする必要があります。ガスは特に危険を伴うので、サービス員による開栓作業は不可欠です。使用可能機器の確認と安全な接続のためにも、ガスコンロをすぐに設置できるよう、準備しておきましょう。

電気

玄関や廊下、洗面所などの壁の上部に分電盤が設置されていますので、ブレーカー、漏電遮断器、各部屋への配線用遮断器を「入」にするだけで電気が使えるようになります。万一これでも電気が使えない時は、早めに電力会社に連絡してください。

通常は電気の使用開始は立ち会い不要ですが、電気温水器などを使用する場合は通電作業があるため、連絡しましょう。

「電気使用開始手続書」が置いてあるはずなので、使用開始日など必要事項を記入し、ポストに投函すれば開始の手続きができます。事前に電話やインターネットで手続き済みであれば、ポストへの投函は不要です。

ガス

都市ガスかプロパンなどのLPガスかにより、使用できるガスコンロの種類が異なります。ガスファンヒーターなどの暖房器具も、ガスの種類に合った物を使わなかったために重篤な事故が起きることもあります。

また、ガスホースが劣化していないか、きちんと接続できてガス漏れなどしていないか、安全のため室内で立ち会い検査をしてもらう必要があります。

寒い時期の引越しではお湯がかかせません。入居後すぐに使えるように、必ず早めに開栓手続きの予約を取りましょう。あらかじめ引越しスケジュールと移動の時間を考え、渋滞などで遅れても大丈夫なように無理のない希望時間を伝えます。

ただし、引越し繁忙期は希望日時に来てもらえないことも覚悟しましょう。

LPガス会社では、入居時に保証金制度として、ガス使用料の未払い時に充当するため、1万円程度の保証金を現金で支払うことがありますので、用意しておきましょう。退去時には返還されますので領収証や預かり証は必ず保管しておいてください。

水道

アパートやマンションなど集合住宅などでは、蛇口をひねればすぐに使えるようになります。出ない場合は、玄関周りの水道栓を探し、開栓すれば使えます。

戸建では、玄関先に水道メーターはあっても、水道栓がどこにあるのか見当たらないことがあります。枯葉や雑草で水道栓のカバーが隠れている場合がありますので、探してみてください。水道栓を開けば使えるようになるはずです。

水が出ることを確認したら「水道使用開始申込書」に必要事項を記入し、ポストに投函します。事前に電話やインターネットで手続き済みであれば、ポストへの投函は不要です。

面倒な手続きが一括で!「引越れんらく帳」

引越しに伴う手続きはたくさんあればあるほど混乱し、取りこぼしが出ることもあります。そんな面倒で煩わしい手続きをインターネットの1回の入力で全て済ませられるサービスが、東京電力が無料で提供している「引越れんらく帳」です。

引越しに伴う住所変更が一括でできる

このサービスはどこからでも24時間無料でインターネット上で入力するだけで、電気、水道、都市ガスなら、引越しに伴う旧居での使用停止と使用開始の手続きが同時にできます。

もちろん、東京電力エリア以外の全国に対応しています。

一括で住所変更ができる業種には以下の種類があり、自分で必要な項目を選ぶことができます。主要な会社はほとんど加入していて、今後ますます拡大していく予定です。自分が利用している業者が対応しているかどうかは入力中に確認できますよ。

  • 電気
  • 水道
  • 都市ガス
  • 電話
  • 放送
  • 新聞
  • クレジットカード
  • 郵便
  • 行政
  • 携帯電話
  • 銀行
  • 生命保険
  • プロバイダ
  • その他

いかがですか。一つ一つ電話や出向いたりして手続きを行っていたことを思うと、一回で済んで便利ですね。こんなに簡単で良いのか、本当に手続きできているのか不安かも知れませんが、ちゃんと確認のメールが届くので心配ありません。

まとめ

引越しの時には荷造りなど、目の前の作業をつい優先してライフラインの手続きはうっかり忘れそうになります。スイッチを入れるだけ、蛇口をひねるだけで誰でも簡単に使えてしまうので、無理もないことかもしれません。

でも、手続きをきちんと済ませないと、不正使用や二重払いで払う必要のない料金を、気付かないまま払い続けることになるかもしれません。旧居でも転居先でも必ず手順を踏んで手続きを行ってください。

転居に伴って口座振替の振込口座を解約する場合は、最終の料金引き落としが終わった後に口座の解約をするか、最終の料金を別の方法で支払うようにこちらの手配もお忘れなく。