使いやすい?使いにくい?ベストなロフト使いとは

ロフト付きの物件ってどう思いますか?

確かに専有面積の割には家賃が安いとか、他人にあまり見られたくない荷物をロフトに置けるので、家の中が丸見えにならない分防犯面でも安心とか、ちょっとした隠れ家感覚に憧れる、なんて人も結構いると思います。

外国のお伽話に出てくる屋根裏部屋みたいでかっこいいロフトですが、実際にロフト付きの部屋で暮らしてみると、デメリットも多いんです。

暑くて寒いロフト生活

簡単な物理の法則ですが、暖かい空気は上に上がり、冷たい空気は下に沈みます。ということは、ロフトを生活スペースとして使うと、梅雨頃から蒸し暑さに悩まされるようになり、下手をすれば真夏にはとても耐えられないような温度になります。

冬は反対に暖まった空気がロフト部分に逃げてしまうため、底冷えとはこういうことか、と実感することになるかもしれません。

夏のロフトは暑いです

部屋にエアコンがあったとしても、エアコンで冷えた空気は全部下のスペースに溜まってしまうので、ロフトの上はどれだけガンガンに冷房をつけても思うようには冷えません。

一人暮らしでロフトを寝室にしている場合、夜寝ている時には誰もいない下のスペースをキンキンに冷やしているにも関わらず、家主のあなたは家の中で熱中症の危機になるかもしれません。

特にロフトの上がすぐに屋根で、断熱材が十分ではない場合には昼間に照りつけた直射日光によって目玉焼きが焼けるほどアツアツになった屋根からの輻射熱(放射熱)も加わり、サウナ顔負けになることも。

こんな熱源がある屋根のすぐ下にあるロフトで寝るのは、暑いというより危険です。運よく熱中症はまぬがれたとしても、とても安眠どころではないでしょう。

ロフトの暑さ対策その1〜天窓を開ける

そんな危険なまでに暑くなる真夏のロフトを居住スペースとして使うなら、部屋の空気を上手に撹拌しなければいけません。天窓付きのロフトなら、防犯面の問題がなければ天窓を開けておくだけで風が通ります。

天窓に網戸がないため虫が入ってくるのがいやだから開けられないという場合は、ホームセンターやディスカウントショップで網戸用のアミを購入、天窓の大きさに切って貼り付け開けられるようしましょう。

熱気を天窓から上に逃がせるだけでずいぶんロフトの温度は変わりますし、天窓ともう一か所窓を開けておけば、風の入り口と出口ができるので、部屋全体を風が通るようになります。特に暑い日中に窓を開けておくのが効果的です。

なお、天窓に網戸用のアミを貼り付ける場合、ガムテープを使うと糊が窓枠に残って退去する時に掃除が大変ですし、マスキングテープは粘着力が弱すぎて長持ちしないので、養生テープがおすすめです。

ロフトの暑さ対策その2〜シーリングファンを使う

部屋の照明がシーリングファン付きなら、あなたはラッキーです。ずっと回しているだけでロフト部分の過ごしやすさは全然違います。

ロフトの暑さ対策その3〜サーキュレーターを使う

天窓がなかったり、開けても効果が感じられない時や、シーリングファンがない時はサーキュレーターを導入しましょう。サーキュレーターは見た目扇風機に似ていますが、機能と用途は全く違います。

扇風機はある程度広い範囲に風を送り、その風に直接あたって涼むものですが、サーキュレーターは直線的に遠くまで強い勢いで空気を送り、部屋の中の空気を循環させるために使います。

サーキュレーターの替わりに扇風機を使うこともできるのですが、空気を循環させるパワーが全然違うので、ロフト部分の空気を循環させたいなら、サーキュレーターを購入したほうがいいでしょう。価格も扇風機と変わらない上、扇風機よりコンパクトなのでロフトに持って上がるのも楽ですよ。

冬は部屋全体が寒いです

そんな灼熱の夏のロフトですが、逆に冬には暖房で暖められた空気が溜まるので、ロフトの上は過ごしやすくなります。ただ、その代わり階下部分は暖房の効きがとても悪くなります。エアコンを全開にして連続運転しても寒いので、電気代がバカにならないという人も多いのです。

いくらロフトの上のほうが暖かいとはいえ、一日中ロフトで過ごす人はあまりいないですよね。食事をしたり勉強したりテレビを見ながらリラックスしたり、そんな日常生活を送る上でどうやっても寒いというのは、なんとも暮らしにくいものです。

ロフトの寒さ対策その1〜サーキュレーターを使う

夏と同じく、シーリングファンやサーキュレーターで部屋の空気を上手に循環させます。この時、サーキュレーターは下から上ではなく、ロフトに置いて上から下に吹き下ろすようにするのがコツです。

ロフトの寒さ対策その2〜ロフト部分を断熱材で区切る

断熱材をロフトの開口部に合わせて切り、養生テープで天井から貼り付けてしまいます。見た目はあまりよくないですが、少なくとも暖められた空気がロフトに逃げていくのは防ぐことができます。ただ、この場合も天井部分に暖気が溜まるのは同じなので、サーキュレーターやシーリングファンと併用すればなお効果的です。

ロフトの寒さ対策その3〜局地的に暖める

部屋全体を暖めるのは諦めて、電気ひざかけやホットカーペット、こたつなどで、自分がいる場所だけを暖めるようにします。こたつは場所をとりますし、ホットカーペットはそこから動くのが億劫になるという弊害もありますが、暖房費を考えれば一番現実的な方法かもしれません。

ロフト付きの部屋にはまだ落とし穴が

ロフト付きの部屋に住んでみると、暑さ寒さが一番堪えますが、他にも「こんなはずじゃなかったのに」ということは結構あります。

思ったより使い勝手が悪い

ロフトに上がるハシゴが斜めになっている場合、思ったより場所をとるので下の部分に大きな家具を置くことができないことがあります。

ロフトがあるために「帯に短したすきに長し」でリビングとして使うにも寝室として使うにも、上も下も中途半端ということもあるので、自分の手持ちの家具とロフトのハシゴの角度はよく確認しましょう。

音がうるさい

当たり前ですが、あなたの部屋にロフトがあるということは、上下左右、周囲の部屋もロフト付きの可能性が高いですよね。大きな物を持ってロフトに上がったり降りたりするのは意外と大変です。

だからつい面倒になって上から物を投げ落としたり、ハシゴを最後まで降りずに途中から飛び降りたりしてしまいがちなのですが、この音が思いの外響きます。自分が気をつけるのは当然ですが、周囲の部屋の住人にガサツなタイプの人がいたら大変です。

落ちる

「大人なんだからそんなに落ちないだろう」と思うかもしれませんが、何年もロフト付きの部屋に住んでいると、たいてい一度や二度はロフトやハシゴから落ちてます。

電球の取り換えができない

最近は長寿命のLED電球が増えてきましたが、ロフト付きの部屋は天井が高いので、電球の交換がとても大変なことがあります。当然のことながら、シーリングファンや天井の掃除なんて気軽にはできません。

ロフトの欠点を色々書いてきましたが、やっぱりロフトはオシャレですよね。自分が住む部屋ですから、自分のテンションが上がるような、「好きになれる部屋」が一番です。ロフト付きの部屋に住むなら、不便もあるのをわかった上で対処法も考えて住みましょう。