直前まで使いたい!冷蔵庫や洗濯機の水抜きはいつやるの?

一家に一台はある冷蔵庫や洗濯機。毎日使うものですから、引越しの直前まで使える状態にしておきたいですよね。そこで、いつまでに何をやっておかなければならないのか、順を追って紹介します。

内見の時

新居を決める内見の時にチェックしておきたいのは、冷蔵庫や洗濯機を置く場所が確保できるかどうかです。すでに持っているものの大きさによっては、思っていた場所に設置できないこともあります。また、洗濯機置き場の蛇口の形状もチェックしておきましょう。

引越し前日までにやること

冷蔵庫や冷凍庫を運び出すために一番重要なのは、引越し前日までに中身を空にしておくことです。でも、食事は毎日取るものなので、空にするのはそう簡単ではありません。

そこで、前日までに食材を使いきるコツを紹介します。計画的に消費をしましょう。

コツ1. 常温でも大丈夫な食材をメインに買い物

引越し日の2週間ほど前になったら、生鮮食品よりも缶詰や干物など、常温で保存していても大丈夫な食材を中心に買い物をしましょう。

万が一消費しきれなかった場合でも、段ボールやクーラーボックスに詰めて新居に運ぶことができます。

また、ニンジンや玉ねぎ、ジャガイモなどの根菜類は常温で保存できるうえ、さまざまな献立に活用しやすいのでおすすめです。

コツ2. 引越し前日までに使いきれるように献立を決めておく

お中元にもらった賞味期限が長めのハムや冷凍の海産物など、冷蔵庫の中に入れていたことすら忘れていませんか?

引越しの1週間前には買い物を控えているでしょうから、冷蔵庫の中身も大分減ってきます。その段階で、冷蔵庫の中身をすべて確認しましょう。

食べられそうにない食材は思い切って捨てて、残った食材は1週間で消費できるように献立を決めます。引越し前日やその前日あたりにまだいろいろ残っている場合は、鍋やカレーにして一気に消費してしまいましょう。

引越し前日にやること

引越し前日には、冷蔵庫や洗濯機の水抜きを完了させて、後は運んでもらうだけの状態にしておきます。ここまでこなせば、引越し当日に安心して業者に任せることができます。

冷蔵庫

冷蔵庫は中に入っているものを整理したらコンセントを抜き、霜取りや水抜きを行います。コードは運びやすいように束ねて冷蔵庫本体に留めておきましょう。

冷蔵庫の中身を梱包する

食材を使いきっても、調味料などはどうしても使いきれません。思いきって処分するのも一つの方法ですが、調味料を一からそろえると意外とお金がかかります。

そこでおすすめなのが、クーラーボックスなどで温度を管理しながら運ぶ方法です。保冷剤や氷などを前日までに作っておいて、コンセントを抜いたらクーラーボックスに移します。

氷枕など大きなものを使う場合は氷を先に、小さなものを使う場合は食材を先に詰めましょう。製氷皿の氷を使う場合は水漏れ防止のため袋を2重にします。

引越しの時期が夏場なら、温度管理ができるクール便などを使って運びましょう。時間指定をすると、引越し先についてから受け取ることができます。

霜取り

長い間使っている冷蔵庫には、つららや霜、氷の塊がびっしりとついています。霜取りとは、この氷を溶かす作業のことです。コンセントを抜いた後、扉を閉めずに外気にさらして霜や氷の層を溶かします。

溶けると当然水になって流れ出てくるので、水浸しにならないようタオルで対策をしておきましょう。開き戸タイプの冷蔵庫では、冷凍庫の下の部分手前に、大きめのバスタオルを筒状に丸めて置きます。ある程度溶けたら手で氷の塊を取り出し、冷凍庫内部に残った水気をふき取ります。

水抜き

水抜きは、冷蔵庫本体を傾けても水が漏れてこないようにする作業です。引越し業者に依頼をする場合、作業員が行ってくれます。そのため、必ずやらなければならないのは製氷器などで作っていた氷を捨て、霜取りをする作業だけです。

水受けトレイが冷蔵庫の下についている場合、水受けタンクが背面に設置されている場合の2種類があります。

前者の場合は、トレイにたまっている水を捨てれば水抜きは完了です。後者の場合は、冷蔵庫の後ろについいる蓋を外してバケツなどに流し出します。また、水受けトレイのように取り出して捨てるだけのものもあります。

冷蔵庫によってはドライバーなどが必要なものもあります。無理をすると思わぬケガにもつながるので、難しいと感じた時点で引越し業者などの慣れた人にお願いするようにしましょう。

掃除

余裕があるようなら一通り掃除をしてきれいにしましょう。買い換えや引越しなどの特別な理由がない限り、庫内にまったく物がない状態になることはありません。

軽い汚れであれば、水拭きだけでOKです。汚れが気になる場合は、中性洗剤を溶かした水をタオルやアルコールスプレーに含ませて使います。頑固な汚れは、中性洗剤を塗りつけてラップやキッチンペーパーで蓋をしてからしばらく放置します。

取り外しできるトレイなどが汚れている場合は、中性洗剤に漬け置きすると良いでしょう。そして水拭きと乾拭きをして、庫内に洗剤が残らないようにしましょう。

洗濯機の水抜き

洗濯機の水抜きは、脱水などの機能を活用しながら行います。最後の洗濯物を取り出し、ネットにたまった糸くずを捨てたら、水道の蛇口を締めて、給水できない状態にします。

そして電源を入れたら通常モードで運転をスタートさせ、洗濯機内部に残っていた水を洗濯槽内に排出します。給水するための蛇口を締めているので、水が出てこなくても心配することはありません。

1〜2分運転させて、たまっていた水を槽内に集めたら、電源を切って給水ホースを取り外します。中にまだ水が残っていることもあるので、バケツなどで受けながら作業をしましょう。

給水ホースを無事に取り外したら、3〜5分程脱水を行って槽内に残っていた水を出します。再度電源を切ったら、洗濯機底部から出ている排水ホースを外して中の水を捨てます。

洗濯機の水抜きも引越し業者の人が行ってくれるので、ホースを外す力がなかったり、説明書がなくてやり方が分からなかったりする場合は、任せても大丈夫です。

新居に運び込んだら

冷蔵庫を新居に設置したら、さっそくコンセントをつないで中を冷やしたいところですが、中の冷却液などが落ち着くのを待つため、1時間程度は時間をおきましょう。置いてすぐ電源を入れると故障する場合もあります。

残った食材を持ってきた場合はなるべく早く庫内に戻せるよう、片づけの優先順位はなるべく上位に持ってきます。

また、コンセントを差してから中が冷えるまで少し時間がかかるので、持ってきたものを中に戻す場合は、庫内の温度に注意しましょう。早く温度を下げたいなら、冷えるまでは庫内温度の調整を強に設定しておきます。

洗濯機の設置は基本的に業者で行いますが、ホースと蛇口の形状が合わないなどのトラブルがあった場合は、後日自分で部品の交換を行う必要があります。

冷蔵庫や洗濯機は毎日利用するものですが、前日には水抜きをしっかりと行い、引越し当日にスムーズに運び出せるよう準備をすることが大切です。場合によっては業者にお願いすることも念頭に入れ、無理のない範囲で作業をしましょう。

なお、引越しの前日や当日はとても忙しくなってしまいます。そのため、落ち着いて準備ができるよう、引越しのやることチェックリストを作っておくと便利ですよ。