荷造りで必要になる資材は?用意しておくと便利なものは?

引越し業者も決まったし、さあ、荷造りを開始するぞ!と、意気込んだはいいけれど、しっかりとした準備ができていなければ、満足のいく作業を行うことができません。荷造り開始前に用意しておきたい資材や、あると便利なものについて知っておきましょう。

絶対に必要な資材

引越しの荷造りを行うためには、荷物をある程度まとめて運びやすくするための資材が必要です。具体的には、荷物を入れる容器のような役割をする包材と、包材にいれた荷物がぶつかり合ったり、運ぶ時に衝撃を受けたりして壊れることを防いでくれる緩衝材の2種類があります。

包材

引越しの荷造りにおいてなくてはならないものがこの包材類です。荷物の大きさや重さによって包材を使い分けることで、スムーズに引越し作業を進めることができます。

ダンボール

一番重要なのが基本の包材であるダンボールです。引越し業者を決めたときにある程度の量はまとめてもらえますが、荷物が多い場合は途中で足りなくなってしまうことも。そのため、旧居の近くのスーパーやドラッグストアなど、ダンボールを無料で手に入れられるところを探しておきましょう。

綺麗なものが欲しいなら、ホームセンターなどで購入できます。追加で購入する場合は、サイズの大きいものと小さいもの、両方を用意するようにしましょう。

布団袋

その名の通り、布団を収納するための袋です。引越し業者でレンタルすることができますし、段ボールと一緒に不織布製の布団袋をくれる業者もあります。布団圧縮袋を持っていれば活用しましょう。ぬいぐるみなどのかさばる荷物を圧縮すると、トラックのスペースを有効に活用できます。

緩衝材

緩衝材を荷物の間に詰めることで、振動によりぶつかったり衝撃が加わったりしたときに荷物が壊れるのを防ぎます。引越しが決まったら知り合いにもらったり、購入した商品についているものをとっておくなどして集めておきましょう。

タオル、バスタオル、毛布

たたんで梱包してしまいがちですが、意外と使えるのがタオルや毛布です。引越し後もまた使えるので、緩衝材が新居で大量のゴミになることもありません。毛布はパソコンやテレビ、プリンターなどの少し大きめの割れ物を梱包するときに使用します。

プチプチ

空気の粒が並んでいる緩衝材で、エアーキャップとも言います。陶器やガラス、小型家電など、衝撃が加わることを避けたい荷物の梱包に役立ちます。特に食器を重ねて梱包するなら、間に1枚挟んでおくだけで割れや欠けといった損傷をかなり防ぐことができます。

新聞紙

こちらも緩衝材として利用できます。荷物と荷物の間に詰める場合はそのままだとクッションとしての役割が十分に果たせないので、一枚ずつぐしゃぐしゃに丸めて、空気を含ませるようにします。

使用後は、新居の窓ふきなどの掃除にも活用できますし、燃えるゴミや資源ごみとして簡単に処分できるところも魅力的です。

その他

ダンボールの組み立てや、緩衝材をとめるためになくてはならないものです。余っても日常生活でも使用するので、途中で切らさないよう多めに用意しておきましょう。

ガムテープ

ダンボールと同じく、引越し業者からもらうことができますが、途中で足りなくなることが十分考えられます。余裕を持って用意しておきましょう。

素材は紙のものでも十分ですが、重ねて貼ることができないなどの不便さもありますので、金銭的なところが許せば布のものを用意しておいた方がいいでしょう。

セロハンテープ

プチプチや新聞紙など、それほど強度はいらないけれど端をとめておきたい、といった場合に役に立ちます。また、ねじれば紐のように使用することもできるので、コードなどをまとめるときにも重宝します。

あると便利なもの

絶対に必要ではないけれども、あるとないとでは作業のはかどり方が全然違ったり、荷物の積み間違いやケガなど、思わぬ事故を防止してくれる引越しの心強い味方です。

箱詰めにあると便利なもの

箱詰め作業中にあると便利なものです。しっかりと準備をしておくことで、思わぬ怪我をしなくて済みます。荷物の量が多い場合は、途中で使えなくなることも考えて予備も購入しておきましょう。

軍手

ダンボールや新聞紙などで手を切ってしまうなどの怪我を防ぎます。できれば滑り止めのあるものが望ましいでしょう。また、自転車等の汚れ物を触る用と、それ以外の家の中のものの作業用で2組用意しておくと荷物の汚れを防ぐことができます。

油性マジック

ダンボールに何が入っているかをメモするのに使用します。また、割れ物と大きく書いておいたり、通し番号を記入したり、新居のどの部屋に運ぶかを指定したりできるため、上手に使えば引越し作業がかなりスムーズになります。

まとめるのに便利なもの

机の中の小物や、沢山あるペン、傘など、箱に入れる前にある程度まとめておきたいもの、箱に入らないのである程度まとめておきたいものなどはこれらを使って運びやすくしておきましょう。あまり欲張って大きな塊にしてしまうと、逆に運びづらくなる場合もあるので注意しましょう。

ビニールひも

大量にあるハンガーをまとめたり、配線をまとめたりする際に役に立ちます。また、新聞や雑誌、ダンボールなどを縛っておくためにも必要です。

ビニール袋

文房具や、机の中に合った細かいものなど、そのままでは梱包しにくいものを一つにまとめるのに便利です。また、水や油などが入った容器を梱包する際にも使えます。ゴミ袋は衣類などを詰めるのに役立ちます。

その他

その他にも引っ越し作業に役立つ道具はたくさんあります。その中でも、以下のものは使い勝手がいいので用意しておきましょう。

カッターナイフ、ハサミ

紐やガムテープを切ったり、ダンボールを解体したりと様々な用途で使用します。できれば両方あった方が便利です。

ドライバー

戸棚など、解体する必要のある荷物がある場合はドライバーがとても役に立ちます。そうでなくても、画びょうを抜く際に活用したり、指の入らない箇所に差し込んだりできるので、マイナスドライバーとプラスドライバーの両方持っておきたいですね。

クーラーボックス

使いきれなかった冷蔵庫の食材を入れたり、水漏れの恐れがある容器をまとめて入れたりすることができます。特に冷蔵庫は、前日にはコンセントを抜かないといけないのであると便利です。

まとめ

こうして書き出してみると用意しなければならないものがたくさんあるように見えますが、たいていは元から家にあるものです。

新しく購入しなくても、代用できるものも多いですから、荷造り中に何かが足りなくなっても、慌てずにあたりを見回してみましょう。色々なものをしっかり活用することで、上手な引越しができますよ。