大手引越し業者と地元の地域密着型業者、どっちの方がお得なの?

新生活のスタートとなる引越し。大切な家財道具を運ぶわけですから、信用がおけて、しかも価格がリーズナブルな業者にお願いしたいものです。

引越しの前に何社か見積もりをとって比べるのはもう常識だと思いますが、全国展開している大手業者と地域に密着した地元の業者、どちらを選んだらいいのか、迷ってしまうという人も多いのではないでしょうか。

そこで大手と地域密着型、どちらのほうがいいのか、それぞれを選んだ場合のメリット・デメリットについて、いくつかのポイントを紹介します。

長距離なら、ずばり大手がお得。近距離は一長一短あり。

引越し先が遠い場合は、全国に支店を持つ大手業者のほうがおすすめです。

なぜなら、全国展開でない地元密着型の業者は、旧居で搬出作業をしたスタッフがそのまま新居での搬入作業のために移動するので、その分の宿泊費や出張手当も引越し料金に上乗せされます。

その点大手業者は引越し先の搬入作業は現地支店のスタッフが行うため、スタッフの移動分の経費が節約できます。

一方、同じ県内など近距離の引越しなら、大手と地域密着型で、それぞれ良い点・悪い点があります。大手の方が、ブランドによる信頼感があり、オプションサービスも豊富ですが、融通が効かない面があり、人が多いため「誰が引越し当日にくるか」は分かりません。

地域密着型の場合は、知名度が低く、オプションも少ないですが、交渉次第で融通を効かせてくれますし、営業担当がそのまま引越しをやる場合もあり、「顔が見える人」が手伝ってくれるため、その意味では安心できます。

以下、大手業者と地域密着型業者のメリット・デメリットを詳しく紹介します。

大手業者のメリット

町中でもよくロゴ入りのトラックを見かけるような大手業者は、なんといっても安心感があります。多彩なプランやオプションサービスがあり、時間がない時や育児に手が掛かる時や体力に自信がない高齢者家庭などには梱包から新居での荷解きまで任せられるプランなど、豊富な選択肢があり、自分に合ったものを選べます。

また、社員教育も徹底していて、保証制度やサポート体制がしっかりしているのも嬉しいところです。

広告をよく見ているので親近感がある

大手の業者はテレビコマーシャルに有名芸能人を起用したり、印象的なキャッチコピーやテーマソングを流すなど、広告宣伝に力を入れているため、知名度があります。

実際に使ったことはなくても「なんとなく知っている」という親近感を持つ人も多いでしょう。

お得な帰り便も使える

全国にネットワークを持ち、取り扱い件数も多い大手の場合、一つの引越しの後、空っぽのトラックで帰ってくる無駄を避けるために、多少料金を安くした「帰り便」を提供しています。日程さえあえば、予算が節約できるかもしれません。

作業用資材が揃っている

大手業者は大型昇降機付きで家財をまとめて運べる高所作業車やクレーンなどを自社で所有しています。ですから、こういったものを使うとき、引越しのたびに他社からレンタルする必要がないため、費用を安く抑えることができます。

また、梱包資材もダンボールがもらえるだけでなく、ハンガーボックス、シューズケースなど便利ツールの無料貸し出しもあります。養生資材はシートやカバーなど専用の物を多彩に揃えてあるため、傷を付けたくない新居への搬入時も安心です。

万が一事故が起きた時の対応が早い

大手の場合、引越し中に物が破損した、新居の壁を傷つけたなど、万一の事故の時に対応するスタッフがいるため、保証などの交渉がスムーズに運びます。

特殊なニーズにもこたえてくれる

大手業者は様々な要望に対応するノウハウや資材があるため、エアコンの設置やグランドピアノ、美術品、調度品の輸送など、それぞれの引越しの事情に合わせて専門的なニーズに応えることができます。

大手業者のデメリット

大手業者の場合、パックやプランがあらかじめ設定してあるため、融通が効きにくいという一面があります。

たとえば、近距離や小規模の引越しなのでスタッフは最小限で構わないとか、当初予定になかったものを急に持っていくことになったなど、細かな変更に対応してもらえないことがあります。

また、引越し後の無料サービスや、近隣への挨拶の手配など、場合によっては自分には必要ないと思われるサービスが料金に含まれることもあります。

地域密着型業者のメリット

地域密着型の引越し業者は、大手の業者とは違って個性的な会社もたくさんあります。

地域に根差して長く営業を続けている業者は、近隣の引越しを何軒も請け負っているので、ご近所や不動産屋で口コミ情報を得ることができるかもしれません。

近距離の引越しでは安いことが多い

地元エリア内の近距離の引越しでは、大手業者に対抗するため、最初の見積もりの段階から最安値を提示してくれることが多いようです。

長距離の引越しでは大手に分がありますが、近距離なら安くて小回りのきく地元の業者も選択肢に入れましょう。

融通が効く

とにかく費用を安く抑えることが一番の目的という場合、そのことを伝えると、必要最低限のサービスにしてくれたり、色々な面で融通が効きやすいのが地域密着型の業者です。

大手では断られてしまいますが、自分も作業を手伝うことを条件に、人件費を削ってくれることもあります。マニュアルにはない対応を臨機応変にしてくれることもあるので、とりあえずは見積もり時に相談してみましょう。

地域密着の業者の場合、実際に現場で作業するベテラン社員が見積もりに来ることが多いです。会社の代表である社長が来ることもあります。そのため、こちらの希望も直接伝えられますし、当日の作業の流れを見積もりの場で詳しく聞くことができます。

地域に根差しているので信頼感がある

親子代々、同じ土地で長く営業を続けてきたような業者は、地域の信頼があります。

そこで以下のような評判を耳にすることがあります。

あそこの引越し業者は小さい会社だけど、良心的で誠実な対応で評判が良い

引越しの最中に子供が急に具合が悪くなった時に休日診療している病院まで連れて行ってくれた。右も左も分からない土地だったので助かった

高齢者がいることを知り、引越し当日近所の施設で一時利用ができるよう手配してくれた

あそこの社長は、会社が暇な休日に、少年野球クラブのコーチをしていて面倒見が良い

など、地域の口コミによって業者の人柄が見えてくる場合もあります。

地域密着型業者のデメリット

長距離の引越しでは大手業者よりも引越し料金が高くなってしまうのは否めません。

さらに、地元密着型の業者の場合、大手業者では提供されるものが提供されないこともあります。たとえば、引っ越し用のダンボールをもらえないので、近くのスーパーなどで自分で調達しなければいけません。

また、大手のようにしっかりしたパンフレットがない場合が多いので、どのようなプランやオプションサービス、万一の時の保証があるのかわかりにくい場合もあります。

作業時には大手と違ってセットになった立派な養生資材は持っていないため、古い布団や毛布がフル活用されることが多いようです。養生の丁寧さには業者間で差がありますので、不安は残るでしょう。

それにやはりいくら見積り額が安くても、名前も知らず評判も聞けず、実態の見えない業者には頼みにくいという人もいると思います。

自分が望む引越しをしてくれるのは?

大手業者と地域密着型業者、どちらにすべきか迷ったら、自分のイメージする引越しを明確にし、優先順位を決めましょう。自分の目指す引越しが「安さ」であるなら最低見積り額の業者に頼むべきですし、サービスの充実なら大手業者になるでしょう。

知っている人の方が安心というのなら、作業員が見積もりに来る地域密着業者に分があります。長距離なら大手引越し業者のほうが安いことが多いですが、納得のいくまで話を聞いて自分のイメージする引越しに一番近い業者を選んでください。