気になる子供の転校手続きや学校への連絡方法は?

引越しにともなう転校は子どもにとっては一大事。親もさまざまな引越し手続きに翻弄されることになりますが、学校関係は手順を踏まえてしっかりと行いましょう。転校の手続きの一般的な方法をケース別に説明します。

※各自治体により若干の違いや、書類の名称が異なる場合があります。

公立の小・中学校の転校手続き

まずは引越しが決まったら、現在通っている学校に連絡します。新居の物件が決まっていなくても引越しすることが決定しているなら、書類を準備してもらわないといけないため、早めに担任に知らせておいて、住所が決定次第、速やかに連絡をしましょう。

役所の手続きを済ませて必要書類を取り寄せてからというのではなく、まずは毎日通っている学校の担任に連絡することが先決です。

市区町村内での転居

同じ市区町村内での引越しなら、転居をしてから14日以内に役所で住民異動の「転居届」の手続きをすると、学校教育課で「転学通知書」が発行されますから、「在学証明書」と「教科書無償給与証明書」と共に指定された学校に持参し、手続きを行います。

市区町村外への転出

引越し日の2週間前になると役所で必要書類が入手できます。まずは現在住んでいる管轄の役所に「転出届」を提出して受け取った「転出証明書」を教育委員会に提示し、「異動届」を発行してもらいます。

次に現在通っている学校に出向き、転居先の役所に提出するための「在学証明書」と「教科書無償給与証明書」を受け取りましょう。間違いなく書類を受け取った旨の確認として印鑑が必要になる場合がありますので、念のため認印を持参してください。

引越し後は、転居先の役所に「転入届」を、教育委員会に前の学校長の名前で発行してもらった「在学証明書」と「教科書無償給与証明書」を提出します。春休みや夏休みなどの長期休暇中の引越しでなく学期途中なら、空白期間を作るのはよくないので、急いで手続きを行う必要があります。

教育委員会では指定校への入学を認める「就学通知書」を発行してくれるので、指定校に「転入学届(願)」の提出を速やかに行いましょう。

公立高校の転校手続き

義務教育でない場合は、自分で積極的に転校先を探さなければなりません。子どもの学年によっては選ぶべき基準が異なってくるでしょう。

たとえば、1年生途中での転校はがんばっている部活動を基準に選ぶこともよいかもしれませんが、2年生では、文系、理系のコース選択、部活動を続けたいのか、さらに進学先を見据えた学校選びをしたいのか、3年生の受験期ではさらに大変です。

部活動は考えなくていいものとし、進路先の過去の実績などが大きく関わってくるでしょう。まずは、在学中の高校の担任の先生に引越しが決まった旨の連絡をします。

学校長の名前で「在籍証明書」、「成績証明書または単位修得書」、「転学照会書」を発行してもらいます。同じ都道府県内の引越しであれば、公立の高校の先生たちは異動があるため、長く教師をやっている先生方はいろいろな高校の情報を知っているので、相談に乗ってくれるでしょう。

希望する学科や部活動、通学のしやすさなども考えた学校選びが必要ですが、高校の場合は何よりも学力面を重視しなければならないでしょう。必ず複数の候補の高校を視野に入れ、実際に定員に空きがあるかどうかを調べなければいけません。

また定員に空きがあっても編入試験に合格しないと編入は認められません。可能であれば、いくつかの候補の高校受験することになるかもしれません。

また編入日も学期の途中ではなく決められた指定日にのみ認められている場合があります。年間の欠席日数によっては進級にも関わってくるかもしれません。随時の編入を受け付けてくれる学校の方が後々心配せずに済むでしょう。

実際に学校に見学に行き、部活動の様子や授業の様子など学校案内をしてもらえるといいのですが、なかなか都合が合わないかもしれません。中学生に向けたオープンキャンパスや進学説明会、学校説明会に行ければベストです。

日程は学校のホームページにあるので、編入希望であることを告げ、その催しに参加できるかどうかを問い合わせてみるとよいでしょう。日にちが合わなければ、特別に学校案内をしてもらえる場合もあります。

編入試験の出題範囲などもあわせて聞いておくとよいでしょう。

私立小中高校の転校手続き

私立は学校により規模や校風、学力レベルなどあらゆる面で特徴が大きく異なります。学費や入学金なども見逃せません。転居先の私学協会でまずは引越しによる編入希望であることを告げて、空きがあって編入可能な学校について問い合わせるといいでしょう。

私立の場合は、公立と違い独自の教育カリキュラムがあり、履修科目や単位などの進度状況により、途中で編入してうまく授業についていけるかどうかの判断も必要になります。

たとえば、自分のやりたいスポーツの部活動が全国レベルであるような学校では、年間の部費や遠征費も高額になることが予想されます。修学旅行の積立金も行先によりかなりバラつきがあり、年度途中からになると空白期間分を一括して払わなければならない場合もあります。あらゆる面から検討することが必要です。

私立の学校の編入試験についても自分ですべてを調べる必要があります。現在通っている学校や塾の先生にも相談してみるといいのではないでしょうか。私立高の場合は特に納得のいくまで十分に学校見学をすることおすすめします。

学校のカラーや生徒たちの雰囲気、希望する部活動の練習風景も自分の希望とするものと合わない場合は考え直した方がいいでしょう。

私立の学校は学力別にコースが分かれていることが多いです。コース別の進学実績なども踏まえた上で編入先を検討する必要もあるでしょう。また女の子なら制服や学校指定のバッグなどのデザインも気になるところではないでしょうか。

高校3年生の受験生なら

転勤は会社の都合で年度末にあわせて行われるものではなく、随時移動しなければならない会社もあります。

家庭の事情にお構いなく、高校3年生の受験生がいるのに転勤の異動の辞令を受けたような場合は、父親だけが先に単身赴任のような形で移動し、年度の切り替わるちょうどいい時期に母親と子どもが後から引越しすることが多いようです。

そういうときは、受験生本人の希望をよく聞いてあげてください。受験の方法や時期によっては早いうちに合格が決まる場合もありますし、卒業式間際まで進路が決まらない場合もあります。

多くは年明けごろから家庭学習期間となり学校に登校しなくてもいい期間に入ります。その辺のところも考え合わせてできれば現在の学校で卒業させてあげたいですね。まずは担任の先生や進路指導の先生によく相談してみましょう。

とにかく、受験を控えたこの時期、受験生本人には余計な心配をさせることなく受験勉強に専念させてあげてほしいと思います。

まとめ

親の仕事の都合による転勤で転校しなければいけない子どもは大変です。しかもそれが受験生や高校生ならそう悠長に構えてもいられません。でも、高校生なら友達とはスマホなどでお互いいつでも連絡が取り合えるのですから、そんなに悲観的にならずに希望を持たせてあげられるような方向で進められるといいですね。

小中学生の場合は、通学路を本人と一緒に確認し、転校後も途中まで出迎えたりして馴染めているか心配事はないかなど学校の様子などを聞き、しばらくはフォローしてあげてください。