ウォシュレットを持って行きたい!取付け・取り外しの料金は?

お尻の清潔を常に保ってくれるウォシュレット。一度使いだしてしまうとその便利さゆえに手放せなくなってしまう魅力があります。そのため、引越しをするとき、今までの家で使い慣れたウォシュレットを持っていきたいという人もいるでしょう。

でも、いざウォシュレットを持って行こうと思っても、取り付け、取り外しにはいくら位かかるのでしょうか?そもそも持っていけるものなのか、どこに頼めばいいのか、改めて訊かれると、考えこんでしまいますよね。

そこでここではウォシュレットを持っていく時の料金や、注意点についてまとめてみました。

ウォッシュレットの取り外し・取り付けの料金は?

引越しでウォシュレットを持っていきたいという場合は、対応している引越し業者や水道工事業者にお願いすることになります。

取り外しと新居での取り付け、どちらか一方だけを頼むこともできますが、この場では、引越しに伴うウォシュレットの移設ということで、両方合わせた料金でみていきましょう。

ウォシュレット1台分の料金は、引越し業者、水道工事業者ともに、取り外しと取り付け両方頼んで15,000円程度で、大きな差はありません。

水道工事業者にお願いする場合、引越し先が近距離なら輸送費も当初費用に含まれていることが多いですが、遠距離の場合は別途輸送費がかかる場合があります。そのため、水道工事業者に頼む場合は事前に取り外しておいて、輸送は引越しの荷物と一緒にお願いすると良いかもしれません。

追加費用がかることも

場合によっては追加費用がかかることもあります。賃貸住宅ではウォシュレットを外した後に、もともとの便座に付け替えてもらえますが、その時にねじなどの部品をなくしてしまっていたら、その部品代の別料金がかかります。賃貸住宅の明け渡しは原状回復が絶対条件なので、もとに戻すのは借り主の責任になります。

また、フラッシュバルブなど、特殊なタイプの便器に取り付けたい場合は、おおよそ1,500円〜の部品の購入が必要です。

その他、設置したいトイレの中にコンセントがない場合は、コンセントの増設をしなければなりません。コンセントを増やす工事の所要時間は、おおよそ1時間程度で、費用は大体10,000円程度かかります。

ウィッシュレットを持って行く前に確認を

金額的には持っていく余裕があるぞ、と移設の申し込みをしてしまう前に、まず持っていけるかどうかをチェックしましょう。事前準備を怠ると、思わぬトラブルに見舞われる危険性もあります。

引越し先で取り付けられない可能性も

大前提として賃貸の場合、大家にウォシュレットの設置自体が可能かどうかを問い合わせしておく必要があります。水漏れや破損があってはいけないので、自力での設置は控えましょう。

大家に内緒で、自力でウォシュレットを設置した人が、水漏れに気付かず、壁や床などを腐らせてしまって多額の弁償をさせられたという事例もあります。

給水管に継ぎ目がないタイプは要注意

給水管に継ぎ目がないタイプは管をカットしなければならない可能性があります。アパートの場合、大家に許可をとらないといけないので、引越し先のトイレの仕様は要確認です。

コンセントがない!

コンセント増設などの大掛かりな工事は絶対に無断で行ってはいけません。大家に確認が必要です。

コンセント工事の許可は下りないけれど、どうしてもという場合は、照明のソケットから電源をとる方法があります。これなら大掛かりな電気工事の必要はありません。こちらの方法を検討する場合も、大家と工事業者の両方に確認をしておきましょう。

隅付タンク式腰掛便器

隅付タンク式腰掛便器とは、壁の角にタンクが張り付いているタイプの便器で、便器に座った時、タンクが真後ろではなく、斜め後ろについています。このタイプの便器は、その種類によって工事が困難な場合があります。

トイレの写真を撮るなどして、工事可能かどうか確認が必要です。最低でもタンクと便器の間が12cm開いていないと工事ができません。便器の種類によってはそれ以上必要な場合もあるので、便器の型式などを確認したうえで、工事業者に相談をしましょう。

お風呂とトイレが一緒になっている場合

漏電の可能性が高いため、残念ながらウォシュレットはつけられません。

引越し業者と水道工事事業者、どっちに頼む?

金額的には、どちらに頼んでも大差はありません。では、引越し業者と水道工事業者、どちらに頼んだらいいのでしょうか。

引越し業者に頼むメリット

エアコンの取り外し、取り付けと同じ業者が行うので、エアコンの工事もお願いした場合は、同時にやってくれます。引越し前後の忙しさを思えば、この手軽さは嬉しいですね。

また、お世話になる工事業者は、引越し業者が仲介役をしてくれるので、トラブルが発生した場合の相談先が一つで済むというメリットもあります。

輸送中の破損なら引越し業者に相談、取り付けや取り外し時の破損なら工事業者に相談、などと相談先がわかれることがないので、問い合わせした時にたらい回しになる確率は低くなります。

水道工事業者に頼むメリット

引越し業者に引越しと一緒に頼んだ場合と比べて、好きな時に取り外しや取り付けを頼むことができます。早めに取り外しておいて、ゆっくりと裏側までクリーニングした後で取り付けてもらえるのも嬉しいところです。

また、仲介を挟まないので値段交渉の余地が出てくるところも魅力的でしょう。キャンペーンなどを上手く活用することで、相場よりも安く済ませることもできるかもしれません。

一口にまとめると、簡単に済ませたい人には引越し業者が、せっかく外して新居に持っていくのだから、設置したままでは掃除できなかった部分を心ゆくまで掃除したいという人には水道工事業者がおすすめです。

引越しに向けてどう準備すればいい?

取り外し工事に来てもらう前には、スムーズに作業が進むよう、事前準備はしっかりしておきましょう。準備が足りていないと、当日になってから、自分も業者も困ることになってしまいます。

もともとついていた便器の部品を出しておく

ウォシュレットを取り外した後は、もともとついていた便座に取り換えてくれます。その時、部品がそろっていないと慌てて探したり、最悪の場合、便座を購入する羽目になってしまうので、前日までには用意しておきましょう。

見苦しくない程度には掃除を

あまりに汚れたままのトイレでは工事業者の方に失礼ですし、自分も恥ずかしい思いをすることになります。引越し前後で忙しい中ですが、最低限、見える汚れを落としておく程度のことはしておきましょう。

作業スペースを空けるために、トイレットペーパーなどのトイレ用品は外に出しておくとなお良いです。

移設の前にしっかり準備と確認を

ウォシュレットの移設に関しては、業者を変えてもそんなに価格に差が出ることはありません。それよりむしろ、ウォシュレットが設置可能かどうかをしっかりと確認しておくことが大切です。余裕を持った計画を立てて、後悔のない引越しをしましょう。