郵便局に届けを出して郵送物を新居に転送してもらおう

引越した後に旧居に宛てた郵便物が届かなくなってしまうと困りますよね。ダイレクトメールやカタログなど要らないものならいいですが、重要なものはなんとしてでも新居に届けて欲しいものです。

できるものは住所変更の手続きをするにしても、新住所記載の書類が必要な場合もあるので事前に全ての手続きを終えるのは困難です。

そこで郵便物の迷子を防ぐのにおすすめなのが、郵便の転送サービスです。

すべて転送してもらえるわけではない

郵便物の転送サービスは郵便局が独自に行っているものなので、宅配便やメール便には適用されません。

転送サービスに申し込んだからいいやと安心せず、親戚や友人、ネットオークションなどで、郵便サービス以外を利用した荷物のやり取りを行う場合は、個別に新住所に送ってもらえるよう頼んでおきましょう。

また、郵便物でも、送り主が「転送不要」としている場合には転送してもらえません。転送サービスはあくまで住所変更が完了するまでのつなぎとして考え、来なくなっては困る書類の送り主へはきちんと住所変更の手続きを行いましょう。

手続き方法

郵便物の転送サービスを利用するためには、郵便局に転居届を提出する必要があります。いずれの方法でも転送サービス自体にお金が発生することはありません。

しかし、スマートフォンなどで申し込む場合は、申し込みをする際の通信料金や通話料金などが発生します。

窓口

旧居の近くに郵便局がある場合は、郵便窓口で手続きをすませてしまうのが早いです。必要書類さえ持っていけばその場で転居届を出すことができます。

その時必要になる書類は2種類です。

  • 手続きする人の免許証や健康保険証などの本人確認書類
  • 転居する人の旧住所が記載されている本人確認書類

古い住所が記載されている運転免許証、パスポート、住基カード、住民票または役所等で発行される住所の記載された書類がこれに当たります。

家族で転居する場合は、転居届は1枚で済むので世帯全員が載った住民票を取っていくのがベストでしょう。

ハガキ

必要な情報がそろっておらず、窓口で手続きを完了することができなかった場合は、郵便局においてある転居届のはがきをもらって帰りましょう。

窓口までわざわざ出向かなくても、必要事項を記入してポストに投函するだけで転送手続きが完了します。切手は不要です。

インターネット

パソコンかスマホでも転居届を提出することができます。e転居公式サイトから手続きが可能です。

参照サイト: e転居公式サイト

電話番号とメールアドレスを使用します。パソコンからの申し込みの場合は、携帯メールは対応していないので、パソコンのメールアドレスが必要になります。

どちらの場合も、必要事項を記入して送信したあと、記載したメールアドレス宛に確認メールが届きます。メールにかかれた番号に登録した電話番号で電話をかけるとそこで確認番号を聞かれますので、メール画面を開いたままにしておくか、メモなどに書き出しておきましょう。

確認番号の入力によって本人確認とし、住所の登録に入ります。登録した電話番号からかけないと手続きを進めることができません。正常に手続きが完了するともう一度メールが届きます。

手続きを取り消したい場合

残念ながら、転送の手続きの解除をする制度はありません。一度行った転居届の手続きを取り消したい場合は、本人確認書類を持って郵便窓口で個別に対応してもらってください。

転送期間に注意して!

転送の開始には申し込んでから最低でも3日はかかります。転送してくれる期間は転居届を出した日から1年間です。

仕事の兼ね合いなどからどうしても転送サービスの利用がやめられない場合は、再度同じ申し込みをすることで継続することもできます。また、何回でも利用が可能です。こちらも申し込んでから反映されるまで少し時間がかかりますから、余裕を持って申請することが大切です。

短期間で引越しを繰り返した場合は

転勤などで短期間で複数回の引越しを経験することもありますよね。そんな時、どの書類の住所変更の手続きは済んでいて、どの書類は済んでいないかがあいまいになっていると、転送サービスのかけ方も迷ってしまうかしれません。

そんな時は、二重に転送サービスをかけてしまいましょう!その方法にも二通りのやり方があります。

転送サービスの行き先を変更する

一度転送サービスをかけた住所は変更することができます。以前(旧居1)から、次の引越し先(旧居2)に引越し、さらにそこから新居に引越す場合、二つある旧居から新居への転送届をそれぞれ出します。

この時、もともとかけてあった旧居→旧居2の転送サービスは上書きされます。旧居1に届いたものも、直接新居に転送されるので、早く届くのがメリットです。

旧居→旧居2→新居のパターン

手紙が届くのが遅くてもかまわないという人は、旧居1から旧居2へはすでに手紙が転送される手続きは済んでいると思いますので、旧居2から新居への転送だけをすることもできます。

これでどちらの家に届いても最終的には新居に転送されるのですが、ワンクッションある分だけ届くまでに時間はかかるかもしれません。

転送サービスは一回の手続きで世帯全体の申し込みができるだけでなく、旧姓の登録までできてしまいます。新しい住所と引越し日が決まったら引越し前の余裕のあるうちに手続きを済ませておくようにしましょう。